スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往復6時間

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

天国から地獄

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

秘境へチャレンジ?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

尺狙いリベンジ

6月9日(日)

ここのところ息子の部活や実家の梅もぎと忙しく釣りに行けてない・・・。
普段だと週末は釣りに出掛けないが、久し振りに時間が出来たので出掛けてきた。
この渓は超マイナーの為、週末でも釣り人は滅多に見かけない。
今回もゆっくりと自宅を出たが釣り人は私のみ。
支度を済ませ9:30に釣り開始。
果たして前回のリベンジで尺を手にする事が出来るであろうか?

良い眺め

続きを読む

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

大渇水

JUGEMテーマ:フィッシング

5月23日(木)

前回の釣りに満足し再び同じ流れへと訪れた。
本来なら雪代が収まりベストな時期だが、今年はどうした事かすでに大渇水となっている。
この水量は昨年の梅雨明け後の渇水時より少なく、梅雨入りが待ち遠しい。
渇水となると魚達はシビアで、キャスト前のアプローチで勝敗が決まってしまうのも度々。
プールには何尾もの魚影が確認出来ても、1匹釣ればこのポイントは終わり。
手前にいるチビちゃんをパスして、良型にアプローチするのは至難の業。
午後になるとだいぶ魚達も食い気が増し若干アプローチが楽になったが、流れの緩いポイントでは失敗の連続。
それでも流れの有るところでは、天然らしい腹がまっ黄色な綺麗なイワナが釣れて来る。

天然らしい腹

前回は尺が3匹と絶好調だったが、今回は9寸止まりと大苦戦している。
9寸が釣れれば満足しなくてはいけないのかもしれないが、この渓は尺狙いで来ているだけに嬉しさより溜息が出てしまうのが正直。
ポイントによりイワナの色もそれぞれで、時折り金色に輝く美しい魚体も顔を見せる。
こんなイワナに出遭えた時は流石に、サイズが悪くても素直に喜ぶ事が出来る。

綺麗な魚体

今回は尺上を確認出来たのは1回のみで、しかもやる気満々でライズを繰り返していた。
推定33cmは有るであろう魚体は、遠目にみても尺と解るほど太かった。

ライズする尺上

慎重に距離を縮めフライをキャストすると1発でフライを綺麗に吸い込んだ。
一呼吸置いてロッドを立て完璧な合わせが決まった・・・・・筈?
竿に若干のテンションが掛かったのちフライが宙を舞った・・・・・。
まさか、まさかのすっぽ抜け・・・・・(泣)
フライがイワナの口から出た瞬間まで見えちゃって、笑うしか無いってこういう事ね^^;
今回は後にも先にも尺を確認出来たのはこの1尾のみで終了!
尺狙いで訪れているだけに気持ちは落胆し、帰りの足は非常に重く『誰かおんぶ~!』と真剣に叫んでしまった。
次回はちーと早いかも知れないが、片品方面へと行ってみようかな?

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。