スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛期の流れ

JUGEMテーマ:フィッシング

5月11日(月)

今回も釣り日和に恵まれ気持ちの良い渓へと、またまた同僚のうーさんと行ってきました。
自宅を出発時は雲も多めの空でしたが、現地に着く頃には青空が見え始め気持ちの良い朝です。
仕度を済ませ渓に降り立つと山ツツジの色鮮やかな花が美しい流れとマッチして最高でした。

山ツツジ

気温も水温もまさに『最盛期』の条件です。
そんな条件の中、良さそうなポイントを二人交互にで釣り上がります。
今日は良さそうな予感がしましたが、そんな気持ちとは裏腹に中々魚の反応は有りません。
もともと極端に魚影が少ない渓ですので、そんな頻繁に反応は期待していませんが、それでも余りにも反応が無さ過ぎです。
ようやく反応がうーさんに有ったのも釣り始めから2時間程してからでした。

イワナ1

良さそうなポイントは無数に有りますが何処も留守のようです・・・・・。
これだけ反応が少ないと始めの余裕など何処かに行ってしまい、集中力も無くなってきます。
こんな最高の1級ポイントでも反応が無い程です。

1級ポイント

もうダラダラとしてしまい諦め掛けた時にようやく反応が有りました。
撮影をする程のサイズでは有りませんでしたが、貴重な1尾ですのでカメラに収めます。

イワナ2

この後にも何とか数匹キャッチする事が出来ましたが、更にお子ちゃまサイズでした。
素晴らしい渓相の渓だけに魚影が少ないと言うのは非常に残念です。
でもこの素晴らしく神秘的な流れが、釣れなくても私達に足を運ばせるのです。
帰りながら『あの渓相で魚影が濃ければなぁ』と二人声を揃えてしまいました。
この渓の帰りにはいつもこの台詞を言っている気がします^^;

神秘的

ブログランキング 釣り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>小猿さん
この渓は本当に綺麗ですよ~。
足を運ぶ理由は他にも有るんですけどね^^
良ければ今度案内しますよ!

No title

美しい渓ですね、これで魚影が濃ければ言う事無いのでしょうけど。
それでも足を運んでしまう気持ち、わかるな~!
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。