スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい雨の抜井川

JUGEMテーマ:フィッシング
 
4月14日(火)

今回は同僚うーさんの案内で千曲水系の抜井川に足を運んできました。
ここ抜井川は過去に一度だけ下流部を釣った事は有りましたが、ほとんど竿を出した事が無いので前日から期待をしていました。
しかしながら前日まで初夏を思わせるような陽気も一変し、10時過ぎからは冷たい雨が降り出す予報に少し不安がよぎります。
まぁそんな事は実際に竿を出してみないと解らないので、まずは古谷ダム上の流れから探って見る事にしました。

ダム上の流れ

水温は7℃と微妙で前日との水温差が気になりますが、やる気の有るイワナならドライでも反応してくれる事でしょう。
そんなやる気の有る奴をターゲットに、こちらも強気のELKカディスでスタートです。
そして釣り始めて50mも釣り上がらないうちに呆気なく今回の1匹めが釣れてしまいました。
サイズもまずまずで良いスタートを切る事ができました。

まずは1匹

続いてはうーさんに釣って貰おうと先行を任せます。
イワナの好みそうなポイントを丹念に狙い、程なくしてうーさんも無事イワナの顔を拝む事が出来ました。

反応ある?

ところが予報通りに10時過ぎから冷たい雨が降り出し、同時に魚の反応もパタリと無くなってしまいました。
魚もスレ具合が高いらしく、魚を見つけてキャストしてもラインの着水と同時に走ってしまう始末です。
また水の透明度が高いのもその要因の一つでしょう。

澄んだ流れ

それでも何とか数匹追加し後半はダム下の流れに移動です。
ダム下は葦で両岸が塞がれ釣り難そうな上、川の臭いが鼻を衝きます。
水温は上流に比べると2℃程高いですが、水色が悪く川底が非常に滑り危険です。

ダム下の流れ

それでも竿を出してみると、面白いようにイワナ・ヤマメ・アマゴが次々に釣れて来ます。
サイズは満足行く程では有りませんでしたが、たまに幅広の魚体が顔を出すので気が抜けません。
釣れて来る魚種はアマゴが大半で、雨が『雨子』に精気を吹き込んでくれたようです。

美人アマゴ

最終的には前半が嘘のように20匹以上の釣果に恵まれ、御機嫌のまま帰途に着く事が出来ました。
今まで千曲川と言えば川上地区ばかりに行っていた私でしたが、まだまだ遊べる川が他にも有ったんだと目から鱗の一日でした。

ブログランキング 釣り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。