スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲田リベンジ・・・の筈が

JUGEMテーマ:フィッシング

3月24日(火)

前回の蒲田では人が多すぎて全体を探る事が出来なかったのと、いくつもの良い型のライズを目の前に手も足も出ず完敗に終わりました。 
絶対にあのライズを仕留めてやるとの意気込みで、フライを巻き溜めて(自分にしては^^;)いざリベンジに挑んできました。
当日は絶好の釣り日和でしたが、ここ蒲田では最悪の天気らしいです。
予報では午後から曇りとなるそうなので、後半に期待していました。

天気は最高

まずは前回に竿を出せなかったC&R区間から釣り上がってみる事にします。
予想通りライズは見当たらないので良さそうなポイントを叩きながら釣り上がります。
好天は蒲田には向いていないとはいえ、やはり釣りをする上では気持ちの良いものです。
下流のポイントのせいなのか水量が多く流れが複雑で苦戦を強いられます。
結局この区間では小振りのヤマメが数匹釣れたのみで場所を移動しました。

午後になり少し雲も出てきましたが、太陽を隠す程では有りません。
もちろん魚の活性にも変化は有りません・・・・・。
こうなってくると独り言が増えてくるのがいつものパターン
『早くライズして遊んでくれよ~』
『何でこんな良いポイントに居ねんだよ~』
『頼むから雪降ってきてくれ』
などなど、周りから見たら危ない独り言でストレスを発散するしかないのです^^;
たまに反応が有っても満足の行くサイズではなく、自然と溜息が出るばかりです。

巻き返しにて

もう後半は集中力も無くなり、釣り自体が雑になってきていました。
そんな時に限って大型か顔を出したりするんですよね~。
今回もまさにそんな感じでした。
フライをキャストして流れの脇に出来たポイントにフライを置きタバコに火を点けていた最中です。
フライの下から魚影が『ヌーッ』と現れフライを持って行ったのです。
慌ててロッドを立てますがラインが弛んだ状態です。
必死にラインを手繰りテンションをかけましたが、重い手応えを一瞬感じたのちフライが宙を舞いました。
逃した魚は大きいと言いますが明らかに尺上でした・・・。
まったく何をやっているんだか自分に腹が立って仕方有りません。

尺ばらしポイント

完全に戦意喪失と言った感じで、車に戻る足取りは鉛のように重かったです。
結局この日、曇り出したのは夕方になってからでした。
しかしすでに遅しと言った感じで、イブニイグでのライズも無く一日が終わりました。
天気が良いと蒲田は釣れないとは聞いていましたが、これ程とは思ってもいませんでした。
今年はもう無理かもしれませんが、次回こそリベンジを出来たらと思います。


ブログランキング 釣り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ピンスポット向けでしたら、相棒のNでも大丈夫ですね。^^
キャスティング技術はありませんので、瀬尻にたまにある大きな石際とかでたま~に、良型をヒットさせて満足しておりますので。

そのうち、3ピースをオーダーして、6月・7月の東北遠征までに間に合わそうと思います。

先日の杉坂さんのDVDの中に出てくる岩手の渓、是非ワイ・ウーさんも遠征してみてください。
今年は高速代1000円ですから、お徳ですよね(笑) 

No title

>Naoさん
天気の良い日の蒲田は厳しいと聞いていましたが参りました(汗)
前回に結構ライズが有ったので期待していたのですが、ライズを確認出来たのは散発で2回だけです^^;

カムパネラですが、まだ数回しか使用してないので何とも言えません・・・。
ただロングリーダーには向いていないようですね。
まぁ叩き上がりの釣り向けのアクションなので当然なのですが^^;
蒲田で使用しましたが、フライをコントロール出来ずに後半はロッドを変更しました。
南相木でも使用しましたが、この時は少し短めのリーダーでしたので、しっくりと来ましたね。
あとは慣れでしょうが、やはり小規模の渓でのピンポイントキャストに向いていると思いますよ。

>小猿さん
最近は大きいフライでショートキャストの釣りがメインですので、年々繊細な釣りが苦手になって行きます^^;
独り言は皆さん言っているんですね(爆)

No title

さすがのワイ・ウーさんでも厳しかったのかな?

私も単独釣行のときは独り言のオンパレードです。
山中が多いので人には見られてないと思いますが…。(苦笑)


No title

いつの間にか、南相木も行っていたんですね~。
ちょうど暖かい時でさぞかし、気分も釣果も気持ちよかったでしょうね^^

私は蒲田にこの時期行きつけて4年程になりますが、その4年の間に、ハッチする虫の数や、種類もおかしくなってきているようです。
私のわずかな経験ですと、曇りや小雨、小雪の時は、上流の宝山荘別館より上。よくはありませんが、晴れの日ですと、人は多いですが濁りの原因の足洗谷下流がいいみたいです。

下流の去年から設定されたC&R区間には、今頃から雪代が入りかける頃に、デカニジや良型ヤマメがでるそうでうですよ。
えらそうに言ってますが、蒲田で尺イワナは経験ありますが、尺ヤマメには縁はありません。(笑)

ところで、カムパネラロッドはどうですか?各好みはあるでしょうけど、気になっていたんですよ。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。