スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初チャレンジの蒲田川

JUGEMテーマ:フィッシング

3月13日(金)

ようやく私もスロースタートでは有りますが、初釣行に行ってまいりました。
そして初釣行先に選んだのは、前々から行ってみたいと思っていた蒲田川です。
フライを始めた頃から蒲田川の存在は知っていたのですが、なかなか願いが叶わず今日まで至った次第です。

この蒲田川の最大の魅力は何と言っても、解禁当初から♯14程のドライでコンディションの良い魚が釣れる所でしょう。
そして頻繁に起こるライズ狙いのマッチ・ザ・ハッチの釣り、そして叩き上がりながらの釣り上がりと盛期の釣りがここでは可能なのです。
とは言え情報でしか知らない未踏の地だけに、数日前から不安と期待で頭の中は一杯でした。

そして迎えた当日、天気予報では午後から雨の予報でしたが『最高の蒲田日和!』と、やっとの思いで重い腰を上げさせたうーさんと自宅を6:00に出発しました。
道中には雪も無く現地には無事9:30頃に到着できました。
まずは日釣り券を購入しようと店に入ると、35cmは有ろうかと思うイワナやヤマメの剥製がいくつも飾られています。
どの魚も高原川・蒲田川で釣れた魚だと店主は話していました。

まずはポイントを確認する為、C&R区間から新穂高ロープウェイまで車を走らせながらチェックしてみました。
平日は人が少ないとの情報でしたが、金曜日と言う事も有り何処のポイントも人で一杯です。
何処に入るか悩みましたが比較的すいていた深山荘付近を釣ってみる事にしました。

まずは水温を確認してみると噂通りの高水温で13℃も有ります。
しかしながらそれらしいハッチも確認出来ないので、まずは♯16ソラックス・ダンのフタバパタンでやってみる事にします。
釣り始めてすぐにライズを確認し狙うと数投目で出ましたが痛恨のバラシ。
その後もライズは無くとも流れにフライを置くと反応は多く、活性の高さが伺えます。
しかしながらバラシの連続で昼近くまでノーフィッシュが続きました。
ここまで良型も含め5匹程の魚をバラシ続けています・・・。
そんな私を尻目に後方に居たうーさんのロッドが満月になっています。

うーさん

先行をしていた私が見落とした竿抜けポイントで見事に良い方のイワナをキャッチしていました。
何も私の真後ろでそんな良い型を出さなくてもいいのに・・・・・(涙)

今回最大27.5センチ(うーさん)

気分は穏やかでは有りませんでしたが、必死で笑顔を作りその場を切り抜けました。
気持ちを切り替えて自分の釣りに集中します。
2時間ほどで新穂高ロープウェイの堰堤に辿り着いてしまい車に戻ろうと川を下ります。
下っている最中に良型のライズを見つけ狙いますが、反応はするもののフッキングには至りません。
二人で交互に狙いましたが結局二人とも完敗に終わりました。

ライズを狙うも・・・

いつしか11時頃から降り出していた雪も雨に変わっていました。
入渓点付近まで戻り最初にバラシたポイントに何気なくフライを入れると、ようやく私にも今シーズン第1号のイワナが顔を出してくれました。
そして無事にロッドとリールに入魂する事ができ、肩に乗っていた重圧からも開放されました。

27cm入魂

午後は歩いて少し下流まで下り、釣り上がる事にしました。
しかし1時間程釣り上がった所で目と鼻の先に二人組みのフライマンに割り込まれてしまいました。
少々ムカッとしましたが、此処ではこれが当たり前なのかもしれないと諦め川から上がりました。
でもいくら込み合っていても、会釈をするとか一声掛けるのがマナーだと私は思います。

一旦車に戻り更に下流に行きますが、下流に行けば行く程釣り人の密度が増して行きます。
もうこれでは何処に入っても一緒だと、宿槍見館付近に入渓しました。
川に下りるとここでも目と鼻の先に二人組みのフライマンがいました。
仕方なくこの二人組みのペースに合わせ後方から釣り上がって行きました。
それでも竿抜けポイントを狙えばしっかりと反応が有り魚が顔を見せてくれます。

アベレージ

薄暗くなる17:30頃まで釣り、どうにか二桁のヤマメ・イワナに出会う事か出来ました。
うーさんは更に調子が良く18匹と危うくダブルスコアーになる所でした(汗)

今回は人も多く限られたポイントしか竿を出せませんでしたが、大変楽しい釣行となりました。
次回はもっと色々なポイントを探ってみたいと思います。
もう少し近ければ年券を購入し通いたいと思う程、私的には大満足の川です。
シーズン中にきっと再チャレンジする事でしょう。

ブログランキング 釣り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カインさん、どうもです。
蒲田、少し遠いですが楽しいですよ。

頭ハネは、無くならないんでしょうね。
先日のマナーの無い者は、初心者にベテランが教えながらの二人組でした。
その初心者もきっとマナーの無いフライマンになる事でしょうね。
技術を教える前に、オマエががマナーを学べ!って言いたいです(苦笑)

No title

ども、ご無沙汰してます。
蒲田、覗いた事はありますが、釣ったことないです(^^; 
不況で金曜休みの人が増えてますから、今年の週末釣行は厳しそうだなぁ。

頭ハネは、もう慣れました(笑)ただ、こちらの顔色を伺いながらの確信犯には文句言いますね。文句言った日はやっぱ気持ちよくない釣行になっちゃいますよねぇ。

No title

小猿さん、この時期のボウズは仕方ないですよ。
小猿さんの好きな源流部なら尚更です。

割り込みは、ちょっとした挨拶でこちらの気分も変わりますよね。
でもこれが、苦労して辿り着いた源流部でしたら間違いなく人間が変わりますけど(笑)

No title

いきなり27センチですか?しかもニュータックルに入魂するとは!さすがワイ・ウーさんいいスタートをきりましたね。

実は私、本日碓氷川水系であってはならないボウズくらいました!(泣)

割り込んできたフライマンの件ですが、ワイ・ウーさんの言う通り何かしらのコンタクトを取ってから入渓するべきでしょ!
私だったらテンション下がっちゃって釣りになりません。(笑)

No title

Naoさん、行ってきましたよ~^^
はっきり言ってハマリそうです!
やっぱりこの時期にドライで釣り上がれるのは良いですよね。

週末の混雑は比べ物にならないんでしょうけど参りました^^;

それにしてもライズが非常に渋く苦戦しました(汗)
何とか結果は出せましたが、課題が山積みとなった釣行です。
すでにリベンジで次回の釣行を計画しています(笑)

No title

行ったのですね。
お見事です!
でも、やはり、ちょい上に入られた時、オイオイ!と、思いますよね。(汗)数年前は、ワイ・ウ-さんみたいに感じました。

私の時なんか、その時右岸居て、ポイントによっては、左岸に行ったりしますよね、そんな時、ちゃんと狙っているのか、ものすごいスピ-ドで、左岸を釣り上がっておまけに石をごろごろ落ちしながら遡行されちゃいましたよ(笑)
行く道中の梓川沿いの道が面倒すね(汗)
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。