スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降雪後の野反湖にて

JUGEMテーマ:フィッシング

10月31日(金)

10月の最終日、会社の同僚うーさん、Sさんと野反湖へいってまいりました。
この二人は私なんかより遥か前からこの野反湖に通う野反湖フリークです。
前日の夜に降雪が有ったようで、ロッジ駐車場のトイレの屋根には雪が残っていました。
早速準備をしニシブタワンドへ向かうと、湖畔には今年初?の霜柱が立っていて夕べの冷え込みが伺えます。
ニシブタでは相変わらず良型のニジマスが居ましたが、まったく反応を示すようすが無く早々にシラカバ淵へと向かいます。
先に到着していたSさんと、うーさんはすでに何匹か釣っている様子です。
流石は野反湖を知り尽くしたベテラン達です。

Sさん

うーさん

私も追い付こうと頑張りますが、今日は活性が低く反応が出ません。
そのうち風も無くなり音の無い静寂の時間が訪れました。
こうなるまったく釣れる気がしなくなってしまいます。
私は再びニシブタへと戻り駄目元でデカニジを狙う事にしました。
ニシブタに戻りながら気になるポイントへとフライを置いてみると、2匹のニジマスが出てくれ何とかボウズは免れる事が出来ました。
その後ニシブタで見事に撃沈されたのは言うまでも有りません・・・。

夕方まで粘りましたが今日はダメダメで、2匹のみと言う散々な結果に終わりました。
天気予報も外れ、夕方になって陽が少し出たのみで非常に寒い一日でした。
それでも3人共、魚の顔を見る事が出来たので楽しく一日を終わる事が出来たとおもいます。

野反湖の夕焼け


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

小猿さん、こんばんは。
残り10日ですが、行ける限り行く予定です。
予定では、あと3回行こうと思っています。
だいぶ活性も下がってきたので、次回はボウズかもですが・・・(汗)

No title

残り何日もないけど、まだ行きますか?
私はもう終わりにしようと思って…!(汗)
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。