スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M.F.Dメンバーで野反湖釣行

JUGEMテーマ:フィッシング

10月27日(月)

今回は久し振りにM.F.Dメンバーのシンゴちゃん、マーちゃんとの3人で野反湖に行ってまいりました。
出発時は快晴だった空も、六合村に入った頃から厚い雲が垂れ込み始め微妙な感じです。
野反湖の紅葉は終わってしまったものの、道中の紅葉は今が見頃で素晴らしい景色が広がっていました。

六合村の紅葉

野反湖ロッジの駐車場には9時過ぎに到着したのですが、平日と言う事も有り私達が1番乗りのようです。
車から降り不健全な肺一杯に新鮮な空気を送り込むと、冷え切った空気が鼻の奥を刺激します。

いざ出陣

伏流してしまっているニシブタ沢を除くと、遡上した後に下って来たものの帰る道が無く力尽きたのか、立派な雄イワナがの死骸が横たわっていました。
サイズにして40cmオーバーの魚体は、無事に子孫繁栄の大仕事をやり遂げる事ができたのでしょうか?

兵の最期

そのままニシブタワンドを3人で狙いますが、目ぼしいライズは有りません。
しかしそんな状況の中でもフライには反応が有り、私とシンゴちゃんに良型の魚が釣れました。
しかしこの魚はすでに禁漁の為、撮影後速やかにリリースです。
今回はニジマスの画像が無い為、悩んだ末にこの魚の画像を載せました。
9月20日以降は禁漁対象魚ですので、リリースにご協力お願いします。


リリースしてね

その後反応が無くなったので私は早々にシラカバ淵へと移動しました。
今日は曇ったり晴れたりと天候がハッキリしない上に、風向きもコロコロと変わり大変釣りづらい状況です。
昼前後に活性が上がるいつものパターンも無く、時間だけが過ぎて行きます。
結局20~22cmのブルーバックを含む4匹のみで、再び仲間の居るニシブタへと戻りました。
ニシブタに戻り状況を聞くとシンゴちゃんがイ○ナを1匹追加し、マーちゃんにも良型のイ○ナが釣れたのみで他はさっぱりだそうです。
14時を過ぎた頃から急激に気温が下がり始めました。

ニシブタをバックに

冷え切った体を温めながら休憩を取っていると、超大型の魚がライズをしました。
鯉だろうと思いましたが、崖の上からみると60cm級のレインボウが時折ライズをしていました。
良く見ると同サイズのレインボーが数匹固まりスポーニングをしているようすです。
ドライで狙いましたがまったく無視されました。
ウェットで狙うもこれもまったく無視・・・。
最期の切り札でルースニングで狙うと、その中の1匹がヒットしました。
しかしながら崖上から狙っていた為、取り込みが出来ません。
ラインにテンションを保ちながら崖を下りましたが、途中でテンションがなくなり呆気ない幕切れとなりました。
頬の真っ赤な50cmクラスのレインボーだったと思います。
寒さにも限界が訪れ今回は15時半頃に終了としました。
シンゴちゃん、マーちゃんお疲れ様でした。
来年は紅葉の時期に釣行しましょうね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

小猿さん
26日より状況が良かっただけにすぎません。
でもバラシは悔しいです(ザブングル風)^^

Naoさん
ただ単にタイミングが合っただけだと思います。
それに沈ませての結果ですから・・・(汗)
あのライズ、出来ればドライで仕留めたいですよね~。

No title

インレット付近で4匹組でスポーニングしているあのニジマスかけれるとは、さすがワイ・ウーさんですよ。
あの魚みて、ついつい時間をういやさいてしまいました(汗) やはり、あのうちの一匹が午後に立て続けに3回フライに出たのですが、フッキングしませんでした

No title

大型レインボー、惜しい!
厳しい状況の中、数匹もキャッチするとは、さすがワイ・ウーさん。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。