スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚きの野反湖

JUGEMテーマ:フィッシング

ようやくパソコンが復帰しましたので、野反湖釣行のレポUPです。

10月5日(日)

渓流が禁漁になった後、私は毎年恒例で野反湖へと通っています。
この時期の野反湖の楽しみはブルーバックも勿論の事、それ以上に紅葉の素晴らしい景色の中でのんびりとロッドを振る事です。
しかしながら今年の野反湖は美しい紅葉は健在ですが、少し様相が違っていました。
と言うのも、私が知る限りでは1番の大減水で、湖底が剥き出しになり何か痛々しい感じを受けました。

大減水

それでもやはり野反湖に来ると心が安らぐと言うか、何か不思議な感覚に包まれます。
日曜日と言う事もあり、野反湖ロッジの駐車場は満車状態です。
それでも焦る事は無いのでゆっくりと準備をし弁天橋へと向かいます。
そしてまたここで驚いたのですが、ニシブタ沢の流れ込みが伏流して無くなっていました。
もう何年も通っていますがこんな事は始めての事です。
天然の数少ないイワナ達は無事に遡上し、子孫を残す事が出来たのか気掛かりでなりません。

ニシブタ沢の伏流

ニシブタワンドからゆっくりと第2キャンプ場方面へと、魚の反応を伺いながら向かいます。
ライズは有ってもハヨばかりで、レインボーは顔を見せてくれません。
ようやく釣れたと思っても、パーマークの残る幼稚園生です。
シラカバ淵でしばらく粘りましたが結果は同じです。
14時頃に再びニシブタへと移動するも、狙う気にもならないライズばかりです。
15時過ぎには雨も降り出し、そろそろ今日は引き上げようと思った所で若干活性が上がり数匹釣る事ができました。
周りにいた釣り人達も引き上げ始めたので、私も15時半で終了です。
気が付くと今回は景色ばかりで魚の写真が1枚も有りません。
そんな訳で美しい景色の画像でご勘弁を・・・。

色艶やか


10月10日(金)

今回は天気も良く一段と景色が輝いて見えます。
前日に放流が有ったようなので、ダムサイトに車を止め釣り始めました。
放流したばかりのレインボーが数多くライズしていましたが、それも1時間程で終わってしまいました。
魚の反応を探りながら湖畔をニシブタワンドへと向かいます。
水量は前回と変わっていなく感じますが、ニシブタ沢の流れ込みが復活していて一安心です。
紅葉も旬を向かえとても気持ちの良い空間です。

今が旬

放流したせいも有りますが今回はとても反応が良く、朝から良い釣りが出来ました。
活性が上がった時間帯は2度有り、12時頃と17時頃がとても反応が良かったように感じます。
サイズは小ぶりでしたが、ほぼ完璧なブルーバックも数匹拝む事ができました。

そして今回も驚いた事が2つ程有りました。
その1つは12cm程のニジマスの稚魚なのですが、パーマークがまったく無く銀化していてブルーバックなのです。
通常このサイズだとパーマークが有る筈なのですが、自然繁殖した個体なのでしょうか?
そして何より驚いたもう1つが下の画像です。

びっくりしたなぁ、もう!

これってヤマメですよね?
野反湖にはヤマメは居ない筈なので、放流の際に混じったのでしょう。
そしてヒレピンでしたからきっと年を越した個体と思われます。
今となってはヒレピンの尺上ブルーバックは幻となりつつ有りますが、或る意味それ以上に貴重な1匹かもしれませんね(苦笑)
今年の野反湖は驚きの連続です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そのとおり(笑)熊鈴賑やかです。
よく似ているな~~と思っていたのですが、あまり、日曜に行かれませんよね?なので、勘違いですと恥ずかしいので、控えてしまいました。あの時は、今年初の、野反だったんですけど、水の少なさにビックリです。
あと、私のブログ(開設ホヤホヤですが・・)で、知り合ったお方と、ワイウ-さんも、お知合いだったんですね。
しかし、たまに、HP&ブログ拝見させていただいておりますけど、相変わらず、いい釣りしていますね。羨ましいです。綺麗なイワナばっかりですごいですね。

No title

なおさん、お久し振りです。
5日の野反湖に、なおさんも行っていたのですね。
熊除けの鈴が賑やかだった方がそうですよね?
私の方を気にしてる方が居たから、知り合いかなとは思っていたのですが・・・。
なおさんは、もっと年配の方だと思っていたもので・・^^;

私は滅多に週末には出掛けないのですが、我慢しきれずに行ってしまいました(苦笑)

次回は見かけたら気軽に声を掛けて下さいね。

No title

かなり前にHPでお世話になった、なおです。
5日の野反、自信と勇気がなく声かけれなかったですけど、ワイ・ウーさんだったのですね。
にてるな~と思っていたのですが・・・
今度、お見かけ時は、お声おかけいたしますね。
宜しくです。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。