スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝敗の行方

JUGEMテーマ:フィッシング

9月12日(金)

秋晴れに恵まれた今回、釣友のN夫と今シーズン初めて釣行してまいりました。
現地に着くと半袖では寒い位の気温で、もうすぐ禁漁なんだなぁと少しセンチメンタルになったりします。
残り少ないシーズンを気持ち良く終りにする為、私もN夫も林道をマウンテン・バイクで軽快に進みます。
このN夫なんですが、どうも私にライバル心を抱いている様子で釣行の度に勝敗に拘ります。
また今回釣行した渓はN夫に教えて貰った渓の為、尚更私より良い釣りをしないと満足しないようです。
果たして今回はどちらに渓の女神が微笑むのでしょうか?

だいぶ朝の気温は低いと思われる為、今回も本命の区間へは魚の活性が上がるのを待って時間を調整しながら少し下流から釣り始めます。
釣り初めてすぐに渓が2本に分かれています。
左側の渓は本当にチョロチョロ程度の流れでしたが、どうしても気になり私は少し探ってみる事にしました。
100m程釣り上がると小規模の滝が現れ、落ち込みが良さそうなポイントになっています。
フライを何度も流すと白泡の中から黒い影が現れ、ゆっくりとフライを咥えて行きました。
ロッドを立てると魚は狭いポイントで暴れまわりましたが、無事ネットに納める事に成功です。
そして今回の1匹目がいきなり尺イワナと言う結果になり、まずは渓の女神が私に微笑んでくれたようです。

30cm

前半は数は出るもののサイズは小振りの物がメインに釣れてきます。
太陽の日差しが渓に差し込み始めてからが勝負となりそうですが、木々に囲まれて日差しが中々渓まで届きません。
それでも時間の経過と共に反応もサイズも良くなってきたようです。

朝の渓

太陽が頭上に来る頃に大本命の流れに差し掛かりました。
ここからは尺の実績ポイントが続く為、小さなポイントも油断出来ません。
イワナ達はこれから子孫を残す大仕事で上流を目指している様子で、時折イワナ達が滝を登る姿を確認出来ました。
その点からもやはり1番のポイントは滝下に出来た溜まりでしょう。
いかにも大物が潜みそうな尺実績の有る、そんなポイントをN夫が狙います。
腰を低くし気付かれないようにフライを流した数投目にロッドが弓なりとなりました。
型は良さそうですがN夫の落ち着きから見て大した事は無さそうです。
そして無事ランディングした魚をみて思わず『デカッ!』と言ってしまいました。
当の本人N夫は私以上に驚いたようで、魚を見た後はかなり興奮しその後に上機嫌になってしまった事は言うまでも有りません。

34cm

この尺上イワナで一気に形勢逆転された私は、正直かなり焦り胸中穏やかでは有りませんでした。
こうなると今回の運がN夫に行ってしまったようで、嫌な予感に襲われます。
でもそんな私の気持ちを素晴らしい景色と青空が癒してくれ、何とか平常心を取り戻す事が出来ました。

ドピーカン

再び大物を狙って上流を目指し丹念に探って行きます。
しかしながら思い通りには行かず、気持ちとは逆に空回りばかりです。
そしてまたしてもN夫に28.5㎝と良型が飛び出しました。
N夫が魚の撮影中に1つ先のポイントを気持ちを落ち着かして狙います。
落ち込みの巻き返しを狙うと反応が有りましたが、上手くフッキングには至りませんでした。
フックが触った感じは無かったので再度狙うと、今度はばっちりフッキングし尺上イワナが顔を見せてくれました。

32cm

そして大滝を超え最終ポイントを目指しますが、前回尺上を連続ヒットした最終ポイントまでは大した釣果は有りませんでした。
そしていよいよ最終ポイントに到着し、N夫に先行を譲り順番を待ちます。
数投目で反応が有りましたが、期待の尺上では無く26㎝程のイワナでした。
そして私の順番が回ってきました。
慎重に手前から狙って行きますが反応は有りません。
徐々に奥を狙い最終的に落ち込みの白泡にフライを投げ入れました。
白泡からフライが抜けた瞬間に激しく水面が割れフライが水面から消えました。
そしてまたしても尺上イワナがネットに横たわりました。

31cm

その後N夫が同じポイントで良型を出しましたが痛恨の合わせ切れで終了となりました。
終わってみればN夫の34cmを筆頭に尺が4匹と素晴らしい釣果です。
果たして今日の勝敗はどうなのでしょうか?
いずれにしても2人共気持ちよく今回の釣行を終える事が出来たので、勝敗などに拘る必要は無いでしょう。
でもたまにはこんな釣りも個々のレベルUPには必要かもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。