スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大滝を超えた先に

JUGEMテーマ:フィッシング

9月8日(月)

今回も天気予報を入念にチェックしていると、二日程前から秋晴れになる予報。
踊るような気分で出発しましたが、現地は冷たい雨が降っていました。
天気が回復する事を願ってしばし車中で待機していると、願いが届いたのか何とかなりそうな感じで小振りとなってきました。
雨具を着込んでマウンテンバイクにまたがり薄暗い林道を進みます。
気温が低く雨具を着込んでいても汗を掻くほどでは有りませんでした。
入渓点に着く頃には雨も上がり空が明るくなってきています。

美白美人?

冷たい雨の影響で水温の低下が予想される為少し手前から釣り上がり、本命の上流部は少し時間を置いて活性が上がるのを待つ事にしました。
やはり活性はだいぶ低いようで魚の反応は鈍く、フライに出て来てもフライを口にはしません。
1時間程釣り上がると薄暗かった渓に気持ちの良い日差しが差し込んできました。
これで活性が上がるのも時間の問題です。

真っ赤だな~

そしていつもより1時間程遅く本命の上流部に差し掛かりました。
しばらくは活性が上がらずチビッ子達が私の相手をしてくれます。
気温も思った程上がらず日差しが有っても渓を抜ける風はすっかり秋風で、心地良く私の頬を撫でて行きます。
時間も昼近くになり、ここら辺で少し休憩を取る事にしました。

期間限定

お腹と喉が潤されたので、後半も気合いを入れて釣り上がります。
さていよいよ大本命の区間に突入です。
しかし今回は何処も大人は留守のようすで、子供がお留守番をしていました。
そして前回に引き返した大滝に辿り着いてしまいました。
ベストの背中にはザイルが入っているので、帰りの心配はせずに大滝を巻きます。
大滝の上は若干サイズは上がりましたが、それでも納得の行くサイズでは有りません。
そして魚止めとなっている最後の滝に到着です。
ここで釣れなければ苦労してここまで来た甲斐が有りません。
慎重にアプローチすると、1投目で反応が有り26㎝のイワナが顔を見せました。
まだここには大物がいる筈と、更に奥へフライを投入すると静かにフライが消え今日1番の引きです。
ポイントを荒らさないように手早く強引に魚を寄せます。
尺有るか無いかのサイズですが、ネットに入れたまま次の魚を狙います。
そして違う流れの筋を狙うと、また1投目で水飛沫が上がり先程と似たような型が出ました。
この魚を取り込むのに手間どい大夫ポイントを荒らしたせいか、その後は反応が有りませんでした。
そして先程の2匹の大きさを測ると2匹ともまったくの同寸で、2匹とも31cmの立派な尺上イワナでした。

ダブル尺上 1

ダブル尺上 2

今回は最後の最後で何とか良い思いをする事が出来ました。
これでこそ苦労をしてここまで来た甲斐が有るってもんです。
また帰りはパック・ロッドだったので、両手が空きザイルを使わずに大滝を降りる事が出来ました。
やはり源流部の釣りはパック・ロッドが良いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。