スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏イワナ釣り

JUGEMテーマ:フィッシング

7月23日(水)
梅雨も明け夏本番を迎えた今回、夏イワナを求めて源流へと足を踏み入れてまいりました。
また子供達が夏休みとなった為、私の釣りも今回の釣りで夏休みとなりそうです。

約1年振りとなる今回の片品水系、いつも通りマウンテンバイクに乗り汗だくとなりながら目的の渓を目指します。
早朝からお構いなしに照り付ける真夏の太陽が私の体力を奪い、何度も手前に有る別の渓にしようかと弱気にさせます。
それでも熊除けも兼ねて自分に『負けるな!もう少しだ!根性入れろ!』などどと大声で気合いを入れ目的の渓に到着する事が出来ました。



しばし渓に浸かりながら呼吸を整え、いよいよ実釣開始です。
始めは小さいながらも元気なイワナが元気に飛び出して来ましたが、時間が経つにつれ反応が無くなり釣れない時間が続きました。
そんな釣れない状況のまま大本命の沢に到着です。
なぜこの沢が大本命かと言うと、昨年この沢で35cmのイワナを釣っているからです。
さて今回はどうなることやら、まずは景気付けに一杯です。



流れが細い為いつも以上にストーキングは慎重に行い、小さいポイントも丁寧に狙って行きます。
本流もそうだったのですが、大水が出た様子で昨年と大夫ポイントが変わっています。
時折チビイワナが姿を見せてくれますが、なかなか良いサイズは姿を見せてくれません。
そしていよいよ35cmを釣ったポイントに到着です。
ここも昨年に比べると砂が堆積し大夫浅くなり、川底の石も無くなっていました。
魚影は確認出来ませんでしたが狙ってみると、激しい水飛沫を上げてフライが消えました。
引きが今日1番だった為、これはひょっとして?と思ったのですが残念ながら尺には程遠い26cmのイワナでした。
しかしその魚体は太く尺かと思う程の引きを納得しました。



結局その後も良型には恵まれる事は有りませんでしたが、苦労をして今年もこの渓を歩く事が出来ただけで良かったと思います。
雨が降り出し15:00で納竿としましたが、あとには心地良い疲労感と満足感が残った今回の釣行でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日は高原の下流に行ってきましたが、瀬からまったく反応がなくて、魚は底か、障害物や止水に固まっている様子でした。
相変わらず止水の活性は酷いです、最もキャストで逃げないだけましですが、#14で反応が無いのは泣きたくなります。
結局18時までそんな感じでした。
19時過ぎまで粘れば違ったでしょうけれどピークは過ぎましたね。

人か追いやっている感じです。
某プロがスクールやっているからか、首都圏勢が多いですね。
「魚がいる所と居ない所がはっきりしている川ですね」とか言いたくなります(苦笑

酷い一日でどっと疲れてしまいました。

No title

ちーさん、こんにちわ。
最近は私も体力の衰えを感じます。
いつまでこの渓にも足を運ぶ事が出来る事やら・・・。

No title

マウンテンバイクで汗をかくってよいですね。
私は大型バイクからスクーターにしました、
若い頃は碓氷峠などいっていましたが、もう視力や体がついていけません。

病院で高血圧と診断されまして、最近自転車で鍛える事を考えています。
適度に運動しろと言われましたです。^^;
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。