スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボ イワナ

JUGEMテーマ:フィッシング

7月11日(金)
今回もまた同僚うーさんと高原の渓へと行ってまいりました。
天気予報では朝から雨で夕方には雷雨の予報でしたが、見事に外れ汗ばむ程の陽気に恵まれました。
渓のコンデションもまだまだ良く、魚の反応も好調でした。



途中のポイントでは良型のイワナもポツポツ顔を見せてくれたり、5月30日の釣行で28cmが釣れたポイントでは、同じ魚?に再会出来たりもしました。
この魚、欲張りの様子でヤマメかと思う程メタボになっていました。



途中パラパラと雨にも降られましたが、釣果にも恵まれ1日を通して気持ち良く脱渓ポイントを迎えました。
私的には満足していたのでこのまま帰っても良かったのですが・・・。



時間は17時30分と上がるにしても微妙な時間です。
私の『どうする?』の問い掛けに、欲張りなうーさんは『18時までやるか?』ともう少し釣り上がる事にしました。
この判断が今回のミスで、天気予報が最後に来て的中してヒョウ交じりの雷雨に襲われるはめになったのです。
頭上で閃光が走ると同時に轟音が鳴り響き『生きた心地がしない』とは、まさにこの事だと実感しました。
ロッドを持っている事に恐ろしさを感じ、二人共ロッドを道の端っこに放り投げ泣きそうな顔で車まで走って飛び込みました。
いやいや、あの二人の姿は情けなかった事だろうと、今では笑い話となって良かった。
うーさん、余り欲を出さないでね(笑)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>ちーさん
私も先日の釣行でスズメバチに顔の周りをうろちょろされ、怖い思いをしました。
刺された場所が手の様子なので、まだ良かったですね。
お大事にしてください。

>まっきーさん
自然相手の遊びですから、夕立ちの覚悟は出来ていますが、やはり半端じゃなく怖いですね。
改めて自然の怖さが身にしみました。

No title

ありがとうございます。
蜂に関しては刺されるごとに症状が悪化しています。
今は大丈夫ですが今度さされたらと思うと。

No title

雷に打たれたら、シャレになりません。
釣欲に勝てないお気持ちも(^^)欲わかり鱒。
ちーさん、手、お大事に<(_ _)>。

No title

>同じ魚
それって嬉しい気がしますね。

>雷雨に襲われるはめになったのです
下界が暑いと積乱雲が出来やすい場所みたいですね、それで夕方は雷雨雹雨と。


本当は釣りをしたいのですが、蜂に手を刺されて「赤ん坊の手のように」腫れてティペットも結べないので行けませんでした。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。