スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りのパーマーク

JUGEMテーマ:フィッシング

6月19日(木)
今日は自宅をゆっくり出発し地元の渓へ行ってまいりました。
はじめに入った渓は釣り始めてすぐに濁りが入り出し、上流に向かうに連れて濁りが強くなって行きました。
この渓で濁りが入るのは珍しく、『おかしいな?』と思いながらも釣り上がりました。
かなり上流まで行った時点でようやく原因が解りました。
杉の間伐作業を行っていて、切り倒した杉を運ぶのに川の中を重機が横断していたのです。
これではとてもじゃ有りませんが釣りになどならないので、不本意ながら別の渓へ移動する事にしました。
こちらの渓は濁りもなく澄み切った豊かな水が流れていました。



先に釣った渓はイワナのみですが、こちらの渓はヤマメも生息しています。
近頃はイワナの渓でイワナとばかり戯れていた為、ヤマメのポイントへフライを上手く流す事が出来ません。
ましてヤブ沢用のショートロッド&ショートリーダーでは尚更です。
それでも少し釣り上がった頃から勘が徐々に戻り、少しはまともに流せるようになってきました。
そこへ水深も程よく有り、いかにも釣れそうなポイントが現れました。



流れがスローな為5XのティペットにELKカディスでは、イワナ相手なら良いですがヤマメ相手となると少々厳しく感じます。
でも交換するのも面倒なのでそのままで狙う事にしました。
距離を測り流れにフライを落とすと、上手い具合に流れに乗り1m程流れた所でフライが消えました。
反射的にロッドを上げると小気味好いヤマメの感触がロッドに伝わってきました。
『渓の宝石』と呼ぶにふさわしい、パーマークの綺麗な美形ヤマメでした。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>気まぐれ
きまぐれですよね、明らかに偏食してますもの。
さらに掛けた後のローリング、特に自分に向かって来るヤマメはばれやすいですし。

No title

ちーさん、こんにちわ。
久し振りのヤマメ新鮮でした。
この渓のヤマメは美形揃いで、色も鮮やかです。
でもヤマメは気まぐれで難しいですね。

No title

パーマークが均等なかっこいいヤマメですね。
ヤマメやアマゴはあまりキレイな川にいない印象ですけど、やっぱり綺麗な川には綺麗な魚がいるんですよね。
水質が良いと魚体の色がはっきりと出るようで。
なんだかヤマメも釣りたくなってきました、黒姫山が良いかなと思っていますが雨降りなので無理そう。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。