スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つき餌釣り師

JUGEMテーマ:フィッシング

6月13日(金)
今回は釣友のN.IとKさん 3人での釣行となりました。
このメンバーで出掛けるのは1年振りの為 気合いを入れていつもより早目に自宅を出ました。
渓に到着するとすでに目ぼしいポイントには先行者の車が停まっています。
それでも何とか前半は先行者に邪魔されなくても済むポイントを確保し仕度をしていると
車道の上流側から餌釣り師2人組が歩いてきました。
話を聞くと下流から釣り上がって今終りにして車に戻るとの事です。
しかしこの餌釣り師が少しおかしいのです。
今上がってきた割にはウェダーは濡れていないし 1人は私達より上流側に向かって車道を歩いて行くのです。
でもこの時はそんな事は気にせず仕度を済ませ流れへと立ちました。
先程の餌釣り師達がほんの少し前に釣り上がったであろう区間の為 しばらくは魚の反応は諦めて釣り上がり始めました。
しかし思いのほか魚の反応は良く すぐに魚の反応が現れたのです。
N.Iも魚の顔を見る事が出来 無邪気な笑顔で喜んでいました。



こんな喜びもつかの間でそれから5分と釣り上がらないうちに 上流に餌釣り師の竿が見え先行者の姿が目に飛び込んできました。
そして下流にはもう一人の餌釣り師の姿が・・・先程の餌釣り師二人組みです。
まさに餌釣りの二人組みに挟み込まれる状態となってしまったのです。
一旦渓から出たとは言え彼らの方が先に入渓しているので彼らに優先権が有るのかは不明でしたが 今回は天気も良かったので何処に入っても時間がくれば釣れると思い トラブルも嫌なので早々に場所を移動する事にしました。
再び車に乗り込み上流に移動を始めると 私達が到着した時には無かった車がカーブの先の見えない所に止めて有りました。
そうですこの餌釣り師の嘘に私達はまんまと騙され ポイントを譲ってしまったのです。
かなり頭に血が上りましたが楽しい1日がつまらなくなってしまうので 今回は勘弁してやる事にしそのまま上流のポイントへと移動しました。

上流に移動したのは良いですが何処も先客で一杯です。
私達は諦め過去に実績の有るポイントに先行者を承知で入渓しました。
河原には濡れた足跡が無く先行者が居ても時間が大夫経過している事が解ります。
これなら平気だろうと釣り出したと同時に 雲行きが怪しくなり太陽が姿を消してしまいました。
すぐに反応が出始めると思っていた反応もまったく有りません。
そんな状況に追い討ちをかけるように昼過ぎからは雨が本降りとなってしまいました。
こうなると魚の活性は更に下がってしまい 期待がまったく無くなってしまいます。
1番良い時間帯になっても雨は止む気配は有りません。
この時点で御機嫌なのは目標『つ抜け』のN.Iだけで もう少しで『つ抜け』が出来ると大喜びです。
私とKさんはすでに『つ抜け』はしていますが こんな物では全然満足していませんでした。



こうなると今回は自分の釣りなど良くなり N.Iに何とか目標をクリアして貰おうと私とKさんはポイントや攻め方のアドバイスに回る事にしました。
N.Iも上達して以前より狙ったポイントを長く流せるようになり無事目標を達成する事が出来ました。
これはこれで嬉しいもので私とKさんはN.Iを祝福しました。

結局雨が止んだのは夕方になってからで 活性が上がる事は今回は有りませんでした。
今回はスタートでの餌釣り師の邪魔に始まり この時期にしては稀な不調に終わりました。
それでも3人で誉めたり馬鹿にしたり 楽しい1日で有った事は間違い有りません。
楽しい1日を過ごさせてくれた渓に感謝すると同時にリベンジを決意し渓を後にしました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もたまに餌釣りをやるのですが、堰堤の下でやっていた時に、いきなり堰堤の上から釣り糸をたれた餌釣りには閉口した事が有ります。
その時は追い越しましたけど。

気にしない方が良いのかなと思ったりします。ではでは。

No title

ちーさん、こんばんわ。
週末に比べれば混雑は少ないと思いますが、この時期は誰もが同じ事を考えるようで平日でもポイントを確保するのに大変な時が有ります。
それにしても最低限のマナーは守って頂きたいものですね。
頭に来るのを通り越して、呆れてしまう輩が最近多く感じます。

No title

私も割り込みはよくされているのでなるべく気にしないようにしますが・・・
魚が釣れればOKみたいなふうに考えるようにしてます。
やっぱり出鼻をくじかれるときついですね。
平日でも釣り人は多いのですね。
今度は良い釣りが出来るように念じます。^^
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。