スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すれっからしヤマメ

JUGEMテーマ:趣味


3月19日(水)
今日も天気が曇りとの予報なので、ドライでの釣りを期待して神流川に行ってまいりました。
10時過ぎに定番の役場前に到着すると、気温が低いせいか今日はライズの数が少なめです。
それでも私の釣欲をそそるには充分の数ですが....。

さっそく着替えてライズの様子を伺うと、前回同様ピューパを捕食している様子。
最初の数匹はあっさりと勝負がついたもの今日はスレるのが早いようです。



フライサイズを落としティペットも細くします。
すると途端に反応が良くなりましたが、また後が続きません。
釣った魚のストマックは特に偏食している様子は有りませんでした。



やはりドリフトが釣果を左右しているのでしょうか?
自分ではフライ先行で完璧なドリフトで流しているつもりなのですが、微妙にドラグがかかってしまっているようです。

そんな中、流れの向こう側でライズを繰り返す良型を発見!
何度となくキャストを繰り返し、やっとの思いでフッキングさせる事が出来ました。
思った通り良型の29cmの泣尺ヤマメでした。



お昼になったので車に戻り食事を取っていると、隣で釣っていた方が帰る様子で挨拶をしてくれました。
近くで良く見るとHPにリンクさせていただいているShakerさんでした。
お互い釣りをしている最中も気になっていたようです。
約3年?振りの再会に驚きながらもShakerさんとはここでお別れしました。

午後は更に気温が下がり活性も一気に低くなり、ライズも極端に少なくなってしまいました。
やる気の有りそうな魚を狙い何とか数匹追加する事ができましたが、14時を過ぎ頃からはまったく相手にしてもらえなくなってしまいました。
16時まで粘ったものの残りの2時間は完敗でした....。

それでも今日は天気にも助けられドライで楽しむ事ができました。
何より今日は魚を粘り強く狙い、狙った魚を納得の行くだけキャッチする事ができた釣行でした。
また後半のすれっからしヤマメを釣るには、どうすれば良いのか問題が山積みになった釣行でも有りました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。