スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神流川

3月4日(火)
今季初の神流川へと釣行してきました。
今年は年券の購入を止めようか悩みましたが、『本谷毛ばり釣り専用区』もチャレンジしてみたいので結局購入しました。

上野村役場前に遅めの10:30頃に到着すると、すでに多くのフライマンが竿を振っていました。
私も早速準備をして川辺に立ちましたが、お目当てのライズは例年通り決まった場所に集中しています。何とか射程距離内にライズを見つけて狙いますが、解禁から間もないと言うのに魚達は異常な程スレきっていて中々ライズを捕るまでには至りません。
30分程してようやくドライでライズを仕留める事に成功し、ようやく肩の力がぬけました。



それからしばらくして或る事に気付きました。その事に気付いてからは、まったく釣りに集中出来なくなってしまいました。と言うのも周りのフライマンの方達はみなさん知り合いのようで、お互い情報交換をしながら楽しんでいらっしゃるようでした。そして良くみるとTVや雑誌で良く見かける超有名人の佐藤成史さん・岩井渓一郎さん・里見栄正さんの大御所3人が居るじゃないですか!そんな方々に囲まれた状態で釣りに集中するなど私には不可能です・・・。
3人共過去にお会いした事は有るので(覚えていないと思いますが)挨拶をするのが礼儀なのでしょうが、この状況でズカズカとこの輪の中に入って行く勇気は私にはなく、午後は少し下流の邪魔にならないポイントへと逃げるように移動しました(情けない・・・)

下流のプールにも魚が溜まっているポイントがいくつか有りました。しかしライズはほとんどなくWetやニンフを使いそこそこ釣り上げる事が出来ました。時折川面を横切るクロカワゲラを、水面から体全体を出して捕食する個体も見受けられたので、似たように演出したところ、フライに飛びついて数匹ヒットする事ができました。

魚はまだ散らばらず固まっている為、良いポイントに入る事が出来れば数釣りが出来ると思います。しかしドライに拘らなければと言う条件付きですが。
またクロカワゲラのハッチが多くなる時期にばれば、きっとエキサイティングな釣りを楽しむ事が出来ると事でしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。