スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標高1800m越え

7月13日(金)
今回は同僚の3人で千曲川水系に釣行してきました。
相変わらず梅雨空ですが、なんとか釣りにはなりそうな天気です。
今回の渓は下流部を釣った事は有りましたが、上流部は3人共まだ竿を出した事はない渓です。
3人共最近は同じ渓ばかりの釣行でマンネリ化していた為、初めての渓に期待と不安を抱いての釣行でした。

現地に着き渓を覗くとそこには素晴らしく透きとおった水と、大岩がゴロゴロした落差の有る渓相が広がっていました。
まずはビールで前祝い?をして、11時頃からの遅いスタートです。



でもそこは流石にメジャー河川の千曲川水系・・・中々思うように魚とは御対面できません。
本当に渓相は最高でポイントは多く、何処からもでもイワナが出て来てもおかしくないのですが、魚影が少ないのか?スレているのか?
たまにフライに出るのは15cm程の可愛いサイズばかりです。



そんな中、流れが大岩にぶつかっている絶好のポイントで、Sさんのフライにまずまずの魚が反応しましたがフッキングには至りませんでした。
その後なんどか同じ流れにフライを流しましたが、魚が出てくる事は有りませんでした。
『違うフライなら出るかも知れないからやってみな』と言う言葉に甘えて私が狙わせて貰うと、言葉通りに1投目でフライに反応してきました。
ここまでで最高の23cm程のイワナでした。



その後もだいぶ釣り上がりましたが、出てくるのは大きくても22㎝程で良型は反応してきませんでした。
それどころか或るポイントから魚影も反応もパタリと無くなってしまいました。
『これは変だぞ』と先行者の存在を疑いましたが、先行者がいる形跡は有りません。
だいぶ落差の有る流れなので、『ひょっとして・・・』と腕時計で高度を見てみると1840mも有りました。
台風4号の影響で正確な数字では無いにしろ、どうやらイワナの生息域を超えてしまったようです。

魚の居ない区域で竿を出しても釣れる筈も無いので、車に戻り後半は下流部を釣って見る事にしました。
この区域は何度も竿を出した事が有るので、ポイントは大体絞り込めます。
釣り上がりながら良さそうな魚がフライに出ましたが、フッキングには至りませんでした。
時間もイブニングに近づき、再び先程の良型が反応したポイントを攻めてみました。
これでもかと言う程しつこく攻めて、ようやくフライに出たのは今回最大となる27cmのイワナでした。



これで何とか目的達成と言う形で、今回の釣行は終了としました。
今回は初めて竿を出した渓で、久し振りに新鮮な気分で釣りが出来ました。
途中に気になる支流が何本も有ったので、時間が有ったら探釣をしてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。