スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尺狙いリベンジ

6月9日(日)

ここのところ息子の部活や実家の梅もぎと忙しく釣りに行けてない・・・。
普段だと週末は釣りに出掛けないが、久し振りに時間が出来たので出掛けてきた。
この渓は超マイナーの為、週末でも釣り人は滅多に見かけない。
今回もゆっくりと自宅を出たが釣り人は私のみ。
支度を済ませ9:30に釣り開始。
果たして前回のリベンジで尺を手にする事が出来るであろうか?

良い眺め



前回に比べるとだいぶ葉も開き、渓は暗い雰囲気に包まれている。
朝の冷え込みのせいか水温も低くスタート直後は反応すらない。
1時間ほど釣り上がった時点でようやく今回の1匹目とご対面。
スタートこそ渋かったが、昼が近付くにつれ反応も良くなりライズも多数確認出来る。
しかし相変わらずの渇水で良型を見つけても勝負さえさせてもらえない。

山ツツジ

比較的に水が溜まっているプールでは良い型が確認できる。
中間地点を過ぎここまでの最高は9寸ほどと、今回も返り討ちの予感が漂い始めた。
或るプールで瀬尻のチビイワナに走られ全てのイワナが姿を消してしまった後、ダメ元でプールの落ち込みに出来た巻き返しにフライを入れると、着水と同時にフライが吸い込まれて消えた。
合わせを入れると引きはたいした事なく、すぐに寄ってきてしまった。
しかし水中から引き上げると余りの顔の大きさに驚いた。
顔の大きさなら35cmは有りそうだったが、アンバラスに細い32cmのイワナだった。
尺には違いないが納得する気分にはなれず更に釣り上がる。

極細32cm

その後も数は出るものの9寸以上は中々釣れてこない。
そんなうちに最終ポイントを迎えてしまった。
左側の流れから攻めるが、いつもなら反応が有る筈なのに今回は沈黙。
立ち位置を変え次は右側の流れを攻めようとポイントを覗き込み、反射的にしゃがみ込んだ。
『居る!しかもデカイ!』
流れの巻き返しに下流側を向いて泳いでいる。
一瞬魚と目が合ってしまったが果たして気付かれていないか?
再びそっと覗き込むとやはり気付かれたようで、魚の姿は消えていた・・・。

ヒットポイント

諦める事など出来る筈もなく、煙草に火を点け時間をつぶす。
2本目の煙草を吸い終わる頃、再び同じポイントに魚の姿が現れた。
しかし最初の魚と色も違うしサイズも一回り小さく感じる。
更に10分ほど待ったが最初の魚は姿を見せる気配がなさそうだ。
さもなければ今いる魚がそうだったのか?
もうそんな事はどうでも良く、いま目の前にいる魚との勝負に集中する。
時折りライズを繰り返しているので、ライズをして定位置に戻る瞬間を狙いキャスト!
良いタイミングでフライは着水し理想通りのレーンで漂い始めた。
魚の鼻面20cmにフライが差し掛かった時、魚は静かに浮上を始め口を大きく開けフライを吸い込んだ。
一呼吸置いての合わせもバッチリ決まった。
魚は驚き倒木に潜り込もうと強烈なパワーでロッドを引き込む。
そこに潜られたら面倒な事になると、私も強引に魚の突進を食い止めた。
そして強引に寄せてこの勝負は私の勝利となった。
そんなに大きくないと思っていたが、あのパワーも納得の完璧な魚体にしばし釘付けとなった。

完璧34cm

金色に輝く美しい魚体、コンディションも良く完璧な34cmのイワナだった。
この魚を最後に今回は渓を後にした。
台風が発生したらしいが、被害をもたらさない程度に渓を潤して欲しいものだ。
またしばらく釣りには行けないが、次回も良い結果が出せれば何よりだ。
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。