スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ遠征

JUGEMテーマ:フィッシング

5月13日(月)

堕落した生活で鈍りきった体に鞭を入れ、少々ハードな流れへと足を運んできた。
実はこの流れは今季2回目で、前回は低気温の影響でで水温が7℃と低く、魚の活性が今一で泣尺が最大で終わっていた。
この日はデジカメを車内に忘れて画像が無くUP出来なかった。

そして今回は9時過ぎにポイントに到着し水温を計ると11℃。
『今日は行けるんじゃね?』と思わず顔がにやけてしまう。
相変わらず渓は大渇水で細い流れとなってしまっているが、今回はヒラキにもイワナの存在が確認出来る。
サイズも前回に比べたら良く、しかもやる気満々でフライが少しくらいレーンから外れてもフライを口にしてくれる。

まずは9寸がお出迎え

釣り人に優しいイワナ達に気分を良くし軽快に釣り上がる。
1時間ほど釣り上がった時点で大岩の下が良い感じのポイントが現れた。
そっと近付き覗き込むと良いサイズのイワナがライズを繰り返している。
私とイワナの距離はキャスト出来ないほどの近距離の為、得意の提灯釣りでイワナの鼻っ面にフライを置いた。
少々疑いながらもゆっくりと浮上し綺麗にフライを吸い込んだ。
ネットに横たわったイワナは今季初の尺イワナだった。

尺ジャスト

昼を過ぎた辺りから更に活性が上がり良型も頻繁に確認出来た。
此処のイワナ達はとても素直で釣るのは決して難しく無く、ストーキングさえ上手く行けば高確率で物に出来る。
手前側に居るチビイワナを走らせずに良型にキャスト出来れば勝負は簡単に着いた。

泣尺

或るプールで複数(10匹以上)のイワナが泳いでいる中、じっと観察し1番の良型に的を絞る。
他の魚に気付かれぬようギリギリの距離まで近付きターゲットにキャスト。
他のイワナがフライに出ない事を願いながら見守ると、ターゲットのイワナがゆっくり浮上しフライをパクリ。
一呼吸置いて合わせると完璧なフッキング。
本日2匹目の尺イワナをゲット!

31cm

昨年はこの渓に足を運び出したのが6月中旬で、木々の葉が開き薄暗く感じ不気味だった。
今回は1ヶ月ほど早い釣行の為まだ渓は明るく気持ちが良い。
いくつもの難所が有り少々危険だが、慎重にクリアし上流へ歩を進める。
周りの山壁は非常にもろく崩れやすい為、難所をクリアする時はヒヤヒヤものだ。
現に今回も数回の落石に遭遇し恐ろしい思いをした。

癒しの流れ

滝上は森の住人の気配がムンムンで終始『ピーッ』と笛を吹きまくり^^;
上流は餌が少ないのか痩せた個体が多く感じる。
巻き返しで良型を見つけ狙うと呆気なく釣れてしまった。
引きが弱く思ったほどの良型じゃないと思ったが、痩せ細ってはいるが尺イワナだった。
可愛そうなほど痩せていて画像を撮るのを躊躇ったが、手短に撮影を済ませ流れへと戻した。

痩せてるけど尺ジャスト

小さいポイントでも見逃せない。
水溜りのような小さなポイントで立て続けに良型がヒット。
こんなポイントに2匹もいたら窮屈だろうと思うようなポイントだった。

同ポイントで9寸と泣尺

最終ポイントが近付くにつれ水量は更に減っていく。
そんな中でもイワナ達は元気にフライを追った。
そして最終ポイントで今回の釣りを締めくくるのに相応しい綺麗なイワナが顔を見せてくれた。
サイズこそ今日1番では無かったが、金色に輝くその魚体と顔付きは、私に竿を畳ませるには充分な魚だった。

泣尺

こうして今回のプチ遠征は終了。
帰りの事も考えて少々早いが15:00にて渓を後にした。
纏まった雨が降り渇水が解消された時に大物が動き出す予感。
それにしても今年は水が少な過ぎる。
今年は猛暑との予報も出ているので、今後のこの渓が心配だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。