スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹生湖へ偵察

JUGEMテーマ:フィッシング

3月26日(火)

27日に赤城大沼を予定していたが、突然の終了にすっかり意気消沈・・・。
せっかく休みを取ったのだから何処かへ出掛けたいが、氷上釣り漬けになっていた為、他の釣り場の情報が解らない。
久し振りにネット検索をし他の釣り場の情報収集を試みた。
まずはここのところ爆釣の神流湖だが、相変わらず情報が少なく不安が解消されない。
現在釣れているのは上流部のようだが、上流部まで手漕ぎのボートでは行く気になれない。
噂では引き舟で運んでくれるそうだが、その噂も定かでは無いので大博打は出来ないので却下。
家から近所の丹生湖を検索してみると、桟橋で良い釣果が出ているようだ。
会社でうーさんに丹生湖の話を切り出すと、うーさんも情報を知っていたみたいで様子を伺いに明日行くつもりだったらしい。
それなら『俺も午後から合流するよ』と27日の偵察へと出掛ける事にした。



11:30過ぎに丹生湖の駐車場に到着し、午後半日券を購入しながら受付で情報を聞くと、ここ数日は北桟橋の手前側が良いようだ。
でも流石に午後からでは良いポイントが空いている筈もなく、うーさんを探すと中桟橋の奥側で釣っているようだ。
うーさんは9:30頃からスタートして、私が行った時には120匹程釣っていた。
話を聞くと結構良い群れが入り、まずまずの感じらしい。
まぁ今日は明日の偵察なのでのんびりと半日遊べればいいやと、私もうーさんの隣に釣り座をセットする。



うーさんの話の通りに良い群れが頻繁に入り、開始早々『入れパク』状態だが釣れる魚はどれも5cm程の当歳魚ばかり。
今日は冷たい風が少々強く穂先がぶれてしまい、5cm程のチビワカサギの当たりが取りづらい。
私に遅れる事30分程して後輩Sも駆けつけた。
と同時に嘘のように群れが入らなくなり途端にペースダウン。
私は普段から彼の事を『神(厄病神)』と呼んでいるが、まさに『神』の力が発揮された瞬間だった^^;



群れの入りは悪くなり多点掛けは無くなったが、底付近に魚は居るようで順調に1点掛けで数を伸ばして行く。
冷たい向かい風にうーさんも後輩Sも苦戦している様子だが、そんな2人を尻目に私は『入れパク』が続いた。
開始2時間程で先に来ていたうーさんを嘲笑うかのように抜き去り更に差を広げる^^
終了を告げる『蛍の光』が流れ始めたギリギリまで釣り今回の偵察は終了。
最終釣果は↓



そして3人の釣果は

私 300匹
うーさん 229匹
後輩S 60匹

サイズが小さくボリュームは無いけど、半日の釣果としては満足。
そしてやはり今日も北桟橋が断然良かったらしく、南桟橋も結構人が居たがパッとしなかったようだ。
これで明日は丹生湖の北桟橋に決定!
目標を強気の500匹に設定し挑んで来た!
果たしてその結果は・・・・・つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。