スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ成功?

JUGEMテーマ:フィッシング

3月4日(月)

前回は赤城の洗礼を受け散々な結果で終わった3人組。
今回は気合い満々でリベンジに挑んだ3人組だったが、果たしてリベンジ成功となったのか?
現地に向かう車中では、弱気な事を言ったかと思えば急に強気になってみたりして、どうなるか解らない一日に不安でも有りながら期待をしている3人だった^^;

今回は賭けをせず素直に安定して釣れている『イワナ亭前』に釣り座を確保。
前日の釣果が2束超え連発と良かっただけに、この日も『イワナ亭前』は大盛況。



ここ『イワナ亭前』は吹き溜まりとなるらしく氷上に積もった雪が凍り、氷の厚さは見た感じ1m近く有りそうに感じる。
これだけ穴が深いと、とても穴を開ける気になれず、前日の穴を利用して釣る事にした^^;
朝のうちは群れも入りポツポツ釣れたが、20匹ほど釣った時点で早くも群れは途切れ、折角群れが来ても全く釣れない状況に陥った。
これには下手くそ3人組では対応できず、早くもテントから出てまったりタイム・・・。



少し離れた場所では頻繁に糸を手繰っているが、私達の場所には全く魚影が無い。
流石に痺れを切らし魚探片手に、再び前日の穴を利用して釣れているポイントの近くを探索。
すると狭い範囲だがワカサギが群れているポイントを見つけた。
試しに竿だけ持ち込み仕掛けを下ろして見ると、群れはデカイが中々口は使わずポツポツ当たる程度。
それでも私達のポイントより遥かに釣れる気がするので、前回の二の舞をしないように2人を誘いこのポイントへ移動した。
この時点で9:30と少々出遅れた感じだが、私達にしては珍しく行動に出た日だった。



移動したポイントは群れが途切れる事は無かったが、とにかく渋く口を使わせるのが非常に難しい。
周りの常連さん達も苦労しているようで、『なんだこの群れ!全然くわねぇ!』『この群れなら普通2束は釣れてもおかしくねぇのに!』とボヤキが聞こえてきた。
確かに超渋く超難しいが、これでこそ赤城のワカサギだ!
このワカサギを釣ってこそ1人前なのだと、自分に言い聞かせ気合いを入れ直す。
しかしビギナーの後輩Sには手も足も出ないようで、途中すっかりやる気が無くなっていたようだ^^;



流石のうーさんも余りの渋さに諦めて昼寝をしてしまうし・・・。
それでも私は諦めず、群れが居るのだから釣れない筈が無い!と信じ、仕掛けを換えたり、誘いを変えたり、餌を工夫したりして粘った。
そして試行錯誤しながらもポツポツでは有るが釣る事が出来、少しづつでは有るが数を伸ばす事が出来た。
夕方から活性が上がるのを期待したが、夕方になり更に渋さが増し、流石に私も諦め16:30前には後片付けを始めた。
それでもどうにか目標の1束を超える事が出来、リベンジ成功となった?



そして気になる3人の釣果は?

私 112匹(群れの感じから考えると少々納得行かず) 一応リベンジ成功
うーさん 58匹(今日の渋さで考えれば本人も納得) 本人的にはリベンジ成功
後輩S 7匹(クチボソを足して8匹) 返り討ち

私とうーさんは一応リベンジ成功と言う事で終了。
後輩Sは再び玉砕で赤城の洗礼をまたもや受ける形となった。
気持ちはスッキリと晴れないまま終了となったが、少しは気分も回復する事が出来た今回の釣行。
次回は今回の青空のように『スカッ』と晴れた気持ちの良い終わり方をしたいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。