スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大撃沈の赤城大沼

JUGEMテーマ:フィッシング

2月22日(金)

久し振りの赤城大沼。
ここのところ深場はよろしくないようで、浅場(4~6m)のポイントの釣果ばかり目立つ。
釣れないより釣れる方が勿論良いのだが、私は浅場が苦手・・・。
この日もほとんどの方が浅場に入るようで、深場(リンク・フカンド)には人の姿は無い。
そんな訳で今回は初めてのポイントとなる『旧いわな亭前』に入ってみた。



このポイントは水深6m付近が良いようなのだが、私が開けた穴の水深は6.8mで少々沖だったようだ。
しかし新たな穴を開けるのは面倒なので構わず続行。
朝のうちは群れも入りポツポツ釣れたが、9時過ぎには当たりも遠退き暇な時間を過ごす事となった。
テントを開け周りを見渡すと私のポイントから少し離れたポイントにテント村が出来、賑やかに歓声が上がっている。
どうやら大きくポイントの選択に失敗したようだ^^;



気になり覗きに行ってみると、ここ赤城大沼では超有名人の『赤城の鬼』が初心者にレクチャーの最中だった。
私もしばらく見学させて貰ったが、ワカサギ釣り初体験の女の子が15分足らずの間に5匹も釣り上げてしまった^^;
教え方が非常に解りやすくて見ていた私も勉強になった。
昼過ぎは私もこのテント村の仲間に入れてもらい移動したが、移動した時には居た群れも準備完了と同時に姿を消していた・・・。
ポイントを移動してから約4時間の間に釣れたワカサギはたったの3匹で、この時点でトータル35匹と散々な釣果・・・。
移動当初に居た周りの人達は『弁天前』に大きい群れを見つけ、ほとんどの方が16時前には『弁天前』へと移動していった。
私はもう諦め16時で今回は終わりにしようと思っていた。
帰り支度をしようと思っていたところ、今まで全く何も映っていなかった魚探に一気に群れが映りだした。



画像は終了間際の17時頃の状況だが、ピーク時は水深2m~底までワカサギで満杯となった。
だからと言って決して入れ食いと言う訳ではなく、大きく誘いを入れて反射食いをさせないと釣れてこない。
数を稼ぐ為に上層のワカサギに的を絞り手返し良く釣り上げ、何とか終了までに40匹追加する事が出来た。



今回は束超えは出来なかったが、何とかそれなりに釣る事が出来た。
でもラストの群れが無かったら35匹と大撃沈だっただけに、今回は自分的に非常に落ち込んでしまった・・・。
私の釣果がこんなに散々な釣果なのに、初心者の面倒も見たり昼寝までしていた『赤城の鬼』は、しっかりと190匹釣りこのポイントの竿頭となっていたのも私が落ち込む更なる要因だ・・・。
『赤城の鬼』を含むエキスパート達が居ない時に、青木別館のHPに名前が載り喜んでいた自分が恥ずかしい・・・。
青木別館のHPから私の名前を削除して欲しい程だ・・・。
そして今回に気付いた事が1つ有る。
それは今の私の限界が見えたと言う事。
エキスパート言われる人達のレベルには、今の私がどんなに頑張っても無理だと言うのがハッキリした1日だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。