スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤城大沼~未熟者には厳しい~

JUGEMテーマ:フィッシング

1月22日(火)

赤城大沼へ第4弾釣行へと行ってきた。
前回は目標の1束に3匹足りなかったので、今回は絶対に1束越えをすると気合い充分で挑んできた。
天気は朝から雪が降り、暖かいせいで9時過ぎには雨となり、昼過ぎには晴れて14時過ぎには強風と、目まぐるしく天候が変わった1日だった。



今回のポイントは初の『青木旅館前』で水深8m。
朝から魚影は有るも入れ食いとはならずポツポツ釣れて来る感じ。



9時過ぎには群れも何処かへ消えてしまい魚探は真っ白。
それでもまた群れが来る事を信じ同場所で粘った。
何とか昼までに95匹と目標まであと5匹となったが、この後が全く釣れない。
でもサイズも良く、たまにジャンボサイズも釣れて楽しい時間を過ごせた。



魚影が無い訳では無く、むしろ穴の真下にはワカサギが群れている。
だけど仕掛けを換えても、餌を変えても、誘いを変えても全然口を使ってくれない・・・。
この魚影で口を使わないってどういう事・・・?↓



もう何がなんだか解らず気持ちが焦るばかり。
群れは時折りイワナにでも追われているのか突然居なくなったりしたが、午後は群れが途切れる事無く入ってきたが結果は同じ。
16時まで粘り何とか目標は達成出来たが、何か不満が残る釣行となった。



午後の4時間で10匹と悲惨な釣果だが辛うじて目標はクリア。
本当なら目標を達成して喜ぶべきなのだろうが、全く喜べず逆に凹んでしまった。
なぜなら同じポイントで230匹も釣る人は釣るのだから・・・。
私の腕では釣れない魚をエキスパート達はやっぱり釣っちゃうんだよね・・・。
誘い方が違うのだろうか?当たりを私が取れてないだけなのだろうか?
今回は自分的に課題が山積みとなってしまった。
その答が見つからなければ、この先の成長はまず無いのだろうが、その答を見つける自信が今の自分には無い。
まさにギブアップでお手上げの状況となってしまった。
でもこの悔しさをバネにして、山積みの課題の1つでも今シーズン中に答を見つける為に通いまくるぞ~!!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。