スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷上解禁 (松原湖 長湖)

JUGEMテーマ:フィッシング

遅くなりましたが、フライフリーク・ワカサギフリークの皆さん、新年明けましておめでとうございます。
さて無事に2013年を迎え、私のワカサギ穴釣りも無事解禁しました。
実を言うと昨年に松原湖(長湖) で解禁をしてたんですが、年末年始となると何かと忙しくUPする暇が無かったと言うか、面倒臭くなってしまったと言うか・・・^^;
今更なんですが、まずはそちらの様子から・・・。

12月30日(日)

29日に解禁した松原湖(長湖)だけど、今年は解禁日からトップで50匹程の釣果と激渋だった。
この釣果を聞いて行くのを戸惑ったが、久し振りに年末年始が休みとなったので、前日に大掃除を済ませカミさんの御機嫌を取って出掛けてきた。^^;

松原湖は猪名湖は何度か行った事は有るが、長湖は今回が初めて。
そんな事も有り駐車場も解らず信号を直進した大門前の駐車場に停車。
空が明るくなり6:30に氷上へと繰り出したが、大門前はガラガラで私を含め7人程。
早速ドリルで氷に穴を開け魚探を入れると水深2m!?
ちょっと浅すぎると思ったけど、そのままこの場所でやる事にした。
さっそく仕掛けを降ろしスタートするも当たりは全然なし。
オマケに8時前から雨が降り始め、移動も面倒になってしまった。
9時頃になり監視員が日釣り券のチェック来たので『クビレって言われるポイントって何処か?』と聞くと、奥を指差し『あっちの人が固まっている辺りだよ』と教えてくれた。
見ると200人以上の人が狭い場所に密集している。
そして監視員は去り際に『この辺は釣れないから入る人は少ないよ』と要らない台詞を残して行った。
まぁ確かに釣れないと言うか、釣れる気がしない。
なんてったって朝から2時間近くやって当たりが2回だけで、未だにワカサギの顔は見てないし!
業を煮やして10時近くからクビレとよばれるポイント付近へ移動。
するとポツポツでは有るが当たりが出始め、やっとワカサギの顔を拝む事が出来た。



しかし解禁から激渋だっただけに、そうそう数を伸ばす事は出来ない。
周りからも『やっと5匹釣れた』だの『目標ツヌケ達成』と言った声が聞こえてくる。
あれだけ居た人も午前中には半数以上の人が引き上げてしまったようだ。
まぁ今季の穴釣り初日だから、雰囲気だけ楽しめればいいやと割り切ってのんびりとやる事にした。
忘れた頃に小さい群れが来て時速1匹のペース・・・。
時折り魚探に群れではなく単体の魚影が映るが、ヘラブナか何かだろうと思っていた。
14時頃になり再び単体の魚影が魚探に映り、誘いを入れると穂先が僅かに沈んだ。
反射的に合わせると穂先が物凄い勢いで暴れ出し、やっぱりワカサギ以外の魚が掛かったと確信。
しかし氷の穴から姿を現したのは、まさかのジャンボワカサギ(14.5cm)!
嬉しい誤算に思わず『デカッ!』とにやけてしまった^^
結局このジャンボワカサギがラストとなり、12匹の貧釣で15時前には撤収とした。



翌日は猪名湖の解禁だったが、こちらは解禁日らしくサイズも数も楽しめたようだ。
しかし解禁から1週間以上経ち、本来の激渋の松原湖となってきたようだ。
今年も撃沈されに訪問しなくては^^

こんな感じで今年の穴釣りは松原湖(長湖)で撃沈スタートとなったが、地元群馬の赤城大沼も1月4日に無事解禁した。
こうなるとじっとしていられず、有休を出して出掛けてきましたよ~^^;
こちらの報告は作成中にて後程!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。