スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神流湖で撃沈

JUGEMテーマ:フィッシング

12月20日(木)

神流湖のジャンボワカサギに魅了され、単独で再び出掛けてきた。
くしくもこの日は今シーズンで1番の冷え込みらしく、朝の気温は-6℃とキンキンに冷えていた。
日が短くなった事もあり出船は少し遅くなりAM6:30。



朝のうちは風も無く穏やかな湖面に一安心。
ポイントは前回より少し深めの30m。
朝一から魚探には底付近に反応が有るが、なかなか口を使わず時間のみが過ぎて行く。



余りの渋さに周りの人達からも時間と共に愚痴が聞こえてくる。
どうやら今回はかなり渋い日に当たってしまったらしい。
なんとか『ツ抜け』に成功したのが、開始から2時間以上経ってからだった。
11:00頃になると風も吹き出し体感気温はマイナス。
波の影響でアタリも解らず、更に厳しい状況になるばかり。
ポイント中央には『浮島』が有り、数人の方は上陸して釣っている。
あそかなら波の影響も少なく釣り易そうだが、私は終日ボートで頑張った。



同じ体制で釣っているのと寒さのせいで膝が固まってしまい、伸ばそうと立ち上がった直後に足が攣り一人悶絶してしまった・・・。
魚探を見ると群れは底から少し浮いている感じで、やはり釣れてくるのは7本針の上の部分が多かった。
オモリを浮かせてラインを張っていると、アタリは大きく出るが中々ワカサギは乗らない。
やっぱりアタリは小さくなるが、フカシの釣りだと確実にワカサギは乗る感じだ。
そこでベタ底は捨て仕掛けが底から50cmに来るように仕掛けに細工をしフカシ釣りをしてみた。
するとこれが大正解で、小さい前当たりさえ取れれば確実にワカサギが釣れてくる。
そして後半は何とか挽回をし若干では有るが数を伸ばす事が出来た。
15:30で納竿とし今回の釣果は撃沈に終わった。
それでも1つヒントを見つける事が出来たので、収穫は有った釣行と言って良いだろう。



もう少し早く機転を利かせる事が出来れば、もう少し数を伸ばせたかもしれない今回の釣行。
でも結果は結果として受け入れ、次回の釣行に繋げたいと思う。
因みに今回もジャンボと呼べるワカサギが数匹では有るが釣れた。
最大で14.5cmのジャンボも混ざり、改めて神流湖の魅力を実感した。
もう1度くらいはチャレンジしたい神流湖だが、そろそろ氷上の釣りも解禁が近いようなので再チャレンジは微妙。
次回は松原湖か赤城大沼のレポとなるかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。