スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワカサギ 丹生湖

JUGEMテーマ:フィッシング

11月13日(火)

今回は地元の丹生湖へとワカサギ釣りに行ってきた。
自宅から15分程の距離に有る為、ワカサギ釣りを始めた当初は良く通った湖だ。
うーさん&後輩Sと現地集合で6時50分頃に着くと、15人程のワカサギファンがオープンを待っている。
管理棟で釣果速報を見ると、棚は1~3mでサイズも小振りのようだ。
桟橋よりもボートの方が良さそうなので、ボートをレンタルし皆よりも少々遅れて出航。
丹生湖には2人乗りのボートしかない為、うーさん&後輩Sでコンビを組んでもらい私は単独で湖面へと出た。



ボートをロープに固定し魚探を見るが、それらしい群れは映らない。
とりあえず最初に固定したポイントで竿を出して見るが、余り反応は無く早々にポイントを移動。
得意なハイエナ作戦で嗅覚を利かせ釣れてそうなポイントを見て回る。
どうやら釣れているポイントは狭い範囲に限られているようで、そこ以外はポツポツ釣れて程度のようだ。
1番釣れているポイントから少し離れた場所が空いていたので、すかさずボートを滑り込ませる。
魚探にはやはり群れは映らないが、群れが廻って来るのを期待しボートを固定。
仕掛けを下ろそうと湖面を見ると、表層にワカサギが群れている。
まったくリールを必要とせず、仕掛けを水中に入れればワカサギが釣れてくる。
これでは余りにもつまらないので水深3~5mの棚に仕掛けを下ろすと、魚探には群れは映っていないが頻繁に当たりがある。
当たりが遠退いた時間帯も有ったが、比較的に1日釣れ続け棚が浅い事も有り数を伸ばす事が出来た。
15時30分まで釣り、最終釣果はこの通り。



サイズは4~8cmと小振りでは有ったが、元気に穂先を曲げてくれた。
うーさん&後輩Sはポイント選択をミスし、思うように数が伸びなかったようだ。
3人の釣果は以下の通り。

 オイラ    537匹
 うーさん 150匹
 後輩S  110匹

今回の仕様タックル
リール シマノDDM(2刀流)
穂先   ワカサギマチック(SH-04・SH-05)
仕掛け 渋りワカサギ1.5号 ハイパーパニック2号
オモリ クリスティア1.5g
餌     白さし
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。