スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び木崎湖

JUGEMテーマ:フィッシング

10月22日(月)

今回は娘の振替休日を利用して出掛けてきた。
娘もこの時期のワカサギ釣りを楽しみにしていて、釣りキチの父親としては嬉しい限りだ。
木崎湖に到着すると朝は冷え込みが厳しく気温3℃と寒い。
しかし今日は穏やかで暖かくなる予報だ。
今回もボート屋は『牡丹屋』を利用。
受付を済ませ早速ボートに乗り込み7:00に出廷。



朝靄で煙る湖面をポイントへ向けボートを走らせる。
ポイントは前回と同じく『海ノ口駅前』の8mライン。
幸先良く魚探には良い群れが写っている。



しばらくすると朝靄も無くなり気持ちの良い景色が姿を見せる。
周りの山々も心なし色付き始めているようだ。
湖面に写し出された山々が、何とも言えない美しさで言葉を失う。
この景色の中で娘と『釣りデート』、この上無い幸せで満たされる。



釣りの方はと言うと、魚探には頻繁に群れが写るも思うようには釣れてこない。
ターンオーバーが始まったのか、中々口を使ってくれない。
それでもポカポカ陽気でビールが美味く、最高な釣り日和。
思うように釣れないのに痺れを切らせ、ポイントを色々と変えるも何処も状況は一緒。
最終的には元のポイントに腰を据え釣るも、釣果は延びず陽が傾き始めた。
山に太陽が隠れ一気に気温が下がっても、父親譲りの血のせいなのか娘は黙々と釣っている。



結局16:30まで釣ったが、良い時間帯は来ず1日は終わった。
そして娘の最終釣果を見て、改めて娘の釣りのセンスに脱帽。
そのうち娘に追い越される危機を憶えた父親だった^^;



竿2本で釣った私の釣果が143匹に対し、竿1本の娘が118匹・・・・・。
この日300匹近く釣った方も居たが、私の周りで釣っていた方は50~100匹だったようなので娘のセンスが解ると思う。
帰りは娘にボートを運転して貰い帰還。



船着場で近くで釣っていた方からの言葉が『お父さんより、娘さんの方が釣ってたね!』だって^^;
楽しい1日だったが、少々自信を喪失した1日でも有った・・・・・。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。