スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙を破った奴

明日は長野へ遠征釣行の為、今日は地元の渓へ行ってまいりました。
今日も前回と同じく烏川水系の渓です。前回カミナリの為やむなく撤退したポイントから釣り上がりました。
天気にも恵まれ渓を吹き抜ける風が心地良く、本当に気持ちの良い1日になりそうです。



9:30頃より釣り始めましたが今日は始めから反応が良いようで、ここぞと言うポイントで面白いようにイワナが飛び出してきます。
サイズは良型こそ出ませんが20~22cm程のイワナがメインに釣れてきます。遊び相手には充分なサイズです。

丁度12:00頃に日当たりの良いポイントに辿り着きました。ここまで2桁以上は釣れて満足していたので、少し休憩を取り昼飯にする事にしました。
大きな石の上に座りコンビニのおにぎりをほおばります。おにぎりを片手に流れに目をやると、流れの脇に出来た小さな溜まりに平均サイズのイワナが捕食体制で泳いでいます。
じっと観察していると他にも大小7匹程のイワナが入っているようです。でも1番大きいサイズで25cmくらいでしょうか。いつもなら昼飯など後回しで戦闘モードに突入ですが今日は違いました。
なぜなら枝だらけでとても狙えるポイントでは無いのです。それに魚に気付かれずに近づくのは不可能と思われたのです。
誰も竿を入れられないポイントと言うのはここまで魚が溜まり、しかもこんなにものんびりとしているものなのかと改めて感心させられました。

30分程はその光景に見入っていたでしょうか。そしてその後、沈黙を打ち破る事件が起きたのです。
今までのんびり泳いでいたイワナ達が、何かから逃げるように突然何処かに消えてしまったのです。一瞬何が起こったのかまったく理解出来ませんでしたが、その答えがすぐに解りました。イワナ達の沈黙を破ったのは1匹の大イワナだったのです。
今までそのポイントに居たイワナ達より、1回りも2回りも大きい奴が侵入してきたのです。

ここで私の戦闘モードのスイッチが入ったのは言うまでも有りません。無理だと解っていても指を咥えて見ている訳には行きません。
そっとイワナの後に回り込みジリジリと距離を詰めます。キャストなど不可能なので『提灯釣り』しか有りません。それも上手くイワナに接近出来たらの話です。
ここからは『忍法、木化け石化け』で挑みます。1m接近するのにどれだけの時間を費やしたでしょうか。
そして奇跡的にイワナに気付かれること無く接近することが出来たのです。この時のイワナと私の距離は2m無かったと思います。
そして枝にフライが引っ掛からないようにイワナの頭上まで運びます。そしてイワナの鼻先にELKカディスを落とすとゆっくりと浮上してフライを口にしました。
ロッドを立てる事が出来ないのでラインを引っ張ってフッキングに成功しました。狂ったように暴れまくりましたが、しばらくの格闘の末ネットの中には立派な尺イワナが横たわっていました。





なんか呆気ない幕切れでしたが、かなり興奮している自分が良く解ります。釣り方こそカッコイイ釣り方では無かったですが、諦めずに挑んでの勝利だけに喜びも倍増です。
山の中に私の雄叫びが響き渡りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーさん、どうも。
魚を見つけてから釣れるまでの間、魚が丸見えだったから興奮したよ~。
ウォーミングアップも良いけど程々にね(^^)

No title

また良いの上げたねー!羨ましいかぎりです。そろそろウォーミングアップにでも行こうかなー(^_^)
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。