スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渇水の流れ

JUGEMテーマ:フィッシング

8月24日(金)

今年も残すところ禁漁まで1ヶ月あまり。
スタートが遅かったぶん『あっ!』と言う間だった。
少しでも悔いを残さぬよう釣友Nと出掛けてきた。

本日も釣り日和

もうすぐ8月も終わりだと言うのに真夏の太陽がギラギラと照り付け、日差しが暑いと言うより痛い。
渓は更に渇水が進んだようで水温も朝から16℃。
魚達も岩陰へと身を潜めているのか、姿を確認するのにも一苦労する。

木漏れ日を浴びて

たまーにプールで魚影を確認しても、上を見ていないのかフライに全く反応しない始末。
ようやく反応が有ったと思っても口を使う事は無く、寸前で見切られてしまう。
そしてその後は再びフライには全く反応をしなくなってしまうと言った感じ。

プールは超シビア

そんな中ようやくNが本日の1号となる魚をキャッチ。
まずまずのサイズでガイド役の私も一安心だ。

良型をキャッチ

私もしばらくしてから魚の顔を見る事は出来たがチビちゃんばかり。
Nに『写真撮らなくて良いの?それが今回の最大となっちゃうかもよ』と冷やかされっぱなし・・・・・。

滝を巻いて

そんなNだったが、一向に数もサイズも延びない状況に『話が違うよ。尺連発じゃ無かったの?』と愚痴り出した。
Nの悪い癖に最初は冗談で交わしていた私も『2週間来るんが遅いんだよ!』と少しイライラ。
それでも気持ちの良いロケーションが私達の苛立った心を癒してくれているようだった。

気持ちの良いロケーション

すでにこの時点で私は尺は諦め単純に釣りを楽しむ事とした。
それにしてもあれだけ居た魚は本当に何処に行ってしまったのだろう?
渇水だけで此処まで別の渓となってしまうのだろうか?

尺上は何処へ?

気持ちを平常心に戻したのが効いたのか、ようやく私にも良型がヒット。
ここまで尺ポイントは全て譲って来た分、Nには申し訳無いが嬉しい1匹だった。

泣尺

結局この魚が最大のまま、いつもの最終ポイントに辿り着いてしまった。
時計を見ると14時とまだ余裕が有る為、前回に開拓した上流まで行ってみる事にした。
上流は流れも狭くなり両岸が熊笹に囲まれて、『森の住人』が出そうな雰囲気がムンムンだ。
前回の事が有るだけに先の見えない場所では熊鈴と笛を鳴らしまくって釣り上がる。

トリカブト

流れは細くなるが上流は嘘のように反応が良く、8寸前後の魚が良く釣れる。
Nも9寸越えを釣り上げ少しは機嫌も良くなったようだ。

熊笹に囲まれて

或るポイントで数匹の魚を釣り次のポイントへと移動しようとした時、流れ込みに良いエグレを見つけた。
そっとフライを入れるとゆっくりと良型が姿を現しフライを咥えてくれた。
尺は無いかな?と思いながらサイズを測ると尺ジャスト。
今回は諦めていただけに嬉しいと同時に『ほっ』とした瞬間だった。

尺ジャスト

17時まで釣り上がり今回は『森の住人』に遭遇する事もなく無事に車まで戻れた。
因みに前回の熊との遭遇ポイントで距離を再確認したところ、実際は10m程の距離でしか無かった事が判明。
改めて記憶が蘇えり身震いをしてしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。