スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆明けの渓

JUGEMテーマ:フィッシング

8月20日(月)

ようやく長いお盆休みも終わり、渓の様子を伺いに出掛けてきた。
今回は下流部も含め、まだ足を踏み入れていない上流部の開拓が目的。
ところが流れへ到着すると、新しい踏み後が多数・・・『やっぱりかぁ・・・』と 少々気落ちしながら準備を進める。
おまけに渓は魚の隠れ場所が無い程の大渇水・・・。

大渇水の流れ

落ち込みかけたテンションをむりやり上げて流れを釣り上がる。
しかしあれ程居た魚の姿は激減し、大物の気配も無し・・・・・。
渇水とお盆休み中のプレッシャーが原因で有れば良いのだが・・・抜かれてしまっていない事を願うばかりだ・・・。
木々の隙間から空を見上げると抜けるような青空が見え、そんな私の気持ちを慰めてくれる。

大木

やっと良いサイズが顔を見せたのは、昼を過ぎ未踏のエリアに足を踏み入れてからだった。
普通で考えればお盆明けに週末が重なり、ハイプレッシャーの中での良型なのだが私の心は今日の空みたいに晴れる事は無かった。

尺ジャスト

今回は雷雨の心配も無さそうなので、行ける所まで奥を詰めるつもりで渓を上がる。
更に水量も減りポイントもほとんど無い状況になった辺りで良いポイントが出現。
川底も岩盤が多くなりこれより上流は厳しそうなのでこのポイントを最後と決めた。

良い雰囲気

魚影は確認出来ないがサイドキャストで倒木の隙間を上手くクリアし、奥までフライを運ぶ事に成功。
着水と同時にフライが消え、この水量には似合わない良型がヒットした。
先程の魚と同寸の尺ジャストで今回の釣りを終了とした。

尺ジャスト

贅沢だが何か納得行かない結果に首を傾げながら渓を下る。
ぼんやりとしながら先の見えないカーブを曲がった時、私の目に飛び込んで来た光景を見て足を止める。
そこには過去に数回程度だが遭遇した黒い物体・・・その距離20m。
おまけに小さい黒い物体も2つ・・・。
そう!熊の親子に鉢合わせしてしまったのだ!
5秒程の睨み合いの末、親熊は熊笹の中へ潜り込んで行き、その後を追うように小熊2匹も着いて行った。
ホッとしたのも束の間、小熊がパニックになったのか2匹とも木に登ってしまい、心配した親熊が木の根元で激しく熊笹を揺らしながら『グフッ!グフッ!』と唸り声をあげている。
その様子を1歩も動けず見守る事しか出来ずに、ただ親熊が逆切れして向かって来ない事を願うしかなかった。
5分程で小熊も落ち着いたのか木から降り、親熊と山の中へ消えて行った。
だいぶ距離が離れたのを確認し、その場をダッシュで駆け抜けた。
あと5m近かったらどうなっていたのか?考えると恐ろしくなってしまう。
今回は釣果では納得行かない結果となったが、最後に貴重な体験をする事が出来、土産話が1つ出来た探釣となった^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>しげさん
お久し振りです。
私と似た場面に遭遇したみたいですね。
私は何も出来ない人の弱さを思い知らされました^^;
残り1ヶ月、事故と悔いの無いようお互い頑張りましょう!
こちらこそレポ楽しみにしてますね^^

No title

おはようございます。
だいぶ前にコメントさせていただいた者です。
いつも良い釣りをなさっていますね^^
また、尺を釣るシーンの臨場感溢れるアプローチなど、いつも参考にさせていただいてます。
今回、子連れ熊遭遇の件に思わず反応してしまいました。
まずは、事故にならず何よりです。
実は先日、僕も同じような場面に会ったばかりでした。
今季も残すところ一月余り、次回の釣行記も楽しみにしています。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。