スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆前に尺狙い!

JUGEMテーマ:フィッシング

8月8日(水)

お盆は例年だと仕事で釣りへは行けない私・・・。
でも今年は久し振りに休みとなったのだが、色々と野暮用でまたしても釣りへは行けない。
お盆明けは渓も荒れてしまい、中々良い釣りは出来ないのでお盆前に出掛けてきた。
同僚の山ちゃんに声を掛けると二つ返事で承諾。
山ちゃんは雷雨で前回早上がりとなった為、今回はリベンジ釣行だ。

渓に到着すると前回より水量が落ち渇水気味の流れとなっている。
ただでさえ魚に走られやすい渓だけに、今回は更なる高度なストーキングが要求されそうだ。

渇水気味の渓

釣り始めてすぐ山ちゃんがヒラキに出ていたイワナを仕留める事に成功。
サイズも9寸弱とまずまずで、何より幸先良い1匹に期待が膨らむ。
ところがスタートは良かったがミスの連続で後が続かない。
それでも魚に気付かれぬようフライを入れられればこの通り。

まずは9寸

『奥へ行けば行くほど大物の期待が出来る』そう信じて釣り上がる。
2人で交互に釣り上がるが中々納得サイズには恵まれない。

交互に釣り上がる

そうこうしている間に尺ポイントが近づいてきた。
ポイントを覗き込むとやっぱり今日も居る、デカイ!
ここは山ちゃんに譲り狙って貰う。
射程距離まで近づきフライを入れるが、だいぶ学んでいるようで素直には口を使わない。
数回のフライローテーションをして、フライをアントに交換した時だった。
数投目のプレゼンテーションでアントが魚の頭上を通った時、魚が浮上して少し疑いながらもフライを口にした。
と同時に山ちゃんもロッドを立てたが、一瞬のテンションが掛かったのち魚は流れへと消えて行った。
痛恨の合わせ切れ・・・・・。
まだまだチャンスは有ると励まし、次のポイントへと移動するが待望の尺は顔を見せない。
釣れてくる魚のサイズは徐々に上がってきているが、今回のターゲットサイズでは無い。

9寸オーバー

ついには尺を釣れないまま昼を迎えてしまった。
実はここまで尺を釣るチャンスは数度有った。
しかし今回は私も山ちゃんもミスの連続で、チャンスを台無しにしてしまっていたのだ。
ここは流れを変える意味でも、どちらかが尺を出さないとまずい雰囲気・・・・・。
そして次の尺ポイントに到着し、此処も山ちゃんに狙って貰う。
私は少し離れた位置から流れを覗き込みガイド役を買って出た。
すると山ちゃんの位置からは見えない石裏に尺を発見。
私の指示でポイントにフライを入れると、何の疑いも無く1発でフライに出た。
山ちゃんにはフライに出たのは見えてないので、私が大声で『食った!』と叫ぶ。
同時にロッドを立てるがまたしても痛恨の合わせ切れ・・・・・。

尺上を狙う

気分を取り直して上流を目指すが、流石に山ちゃんは凹み気味だ。
そんな時、流れの中層でユラユラ揺れる魚影を発見。
サイズまではハッキリ解らないが良型には間違いない。
ここは申し訳無いが私が狙わせて貰う。
しかし垂れ下がった枝と岩の間を通して狙わなくてはならない難しいポイント。
数度のミスキャストの末、タイトループで上手く隙間を擦り抜け上手くポイントに入った。
『出ろ!』と念じたのが通じたのか、魚は中層から浮上し綺麗にフライを口にした。
強い引きで抵抗したが今度はバッチリとランディングに成功。
予想以上の良型の尺上(32cm)で、私も山ちゃんも『ほっ』と一安心。

待望の尺上(32cm)

この魚を皮切りに流れが一気に変わった。
尺上を釣ったポイントから少々釣り上がったポイントで、今度は山ちゃんのロッドが大きく曲がっている。
今度はミスしないように慎重にやりとりをしているのが伺える。

Hit!

そして山ちゃんも待望の尺上をGet!
ブリブリに太った♂の32cmだった。
満足そうな笑顔を見ると私も嬉しくなってきた。

待望の32cm

私も山ちゃんも今がチャンスと言わんばかりにポイントを攻め釣り上がる。
しばらく釣り上がると小さいが怪しいポイントが現れた。
ここも山ちゃんに譲るがチビちゃんが立て続けに2匹釣れたのみ。
フライが見づらいから交換すると言うので選手交代。
『デカイの釣っちゃうよ~』と冗談交じりにポイントへ近づく。
後から『釣っても良いけど今俺が釣った(チビ)のより大きいのは駄目だよ~』と山ちゃん。
そんな野次を受けながら狙うこと数投目。
ドラグの掛かったフライを追うように黒く大きい影が現れた。
そして私の目の前で追うのをやめ、そこに定位し泳ぎだした。
すかさずフライを魚の50cm程上流から流すと、何の疑いも無くフライを吸い込んだ。
猛烈な引きでロッドが絞り込まれるが必死に耐える。
そしてネットに収まったのは今回最大となる厳つい顔が魅力的な♂の35cmだった。

ナイスFightをした35cm

この後も快進撃は続いた。
画像は無いが山ちゃんもこの後30.5cmを追加。
そして最終ポイントでは2人して尺上を釣る事が出来た。
私が釣ったのは♀の33cmで、山ちゃんが釣ったのは♂の33cmとサイズも同寸だった。
何か上手く行き過ぎの話に『何だ~?この川?スゲーッ!!』と2人で笑ってしまった。

W尺(上・山ちゃん、下・私)

今回は2人合わせて尺上6匹!
釣れた数で言えば2人で60匹は釣ったと思う。
それもキャッチを出来なかった尺上を含めれば10匹以上だった。
今回は山ちゃんにも満足して貰い大成功の釣行となった。
帰りの車中では、『東北とかも魅力的で良いけど、そんな遠くに行かなくてもまだまだ近場で良い所が有るもんだね~!いや~良い釣りをさせて貰った!』と興奮はまだ続いていた。
次回はお盆明けの釣行となるが、心無い釣り人にお持ち帰りをされない事を願うばかりだ。
お盆明けにはその辺の調査を含め再び訪れたいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>shakerさん
いやいやshakerさんこそ物凄い事になってるじゃないですか^^;
最近は各方面の雑誌等でも活躍なさって忙しそうですね?
お暇になりましたら、私の方こそ是非ご指導お願いしますね^^

No title

相変わらず物凄い釣りしてますね(^^;)
ぜひ今度、ご指導ヨロシクお願いします<(__)>
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。