スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撤退

JUGEMテーマ:フィッシング

7月30日(月)

今回は職場の山ちゃんと出掛けてきた。
群馬県は週末に激しい雷雨に見舞われ、道中の渓は何処もカフェオレと化している。
私達の目指した渓の状態が心配される。
渓へと続く山道に入ると道は昨夜の雷雨で抉られ、タイヤがはまってしまいそうな程の溝が道を横断している。
ここから流れまではまだ結構な距離が有る。
仕方なく回りに有る石や木を運び溝に埋めて何とかクリアに成功し、無事流れへと立つ事が出来た。
流れはだいぶ増水し若干濁りも入っているが何とか釣りにはなりそうだ。
準備を済ませ真夏の太陽を遮る森のトンネルへと潜り込んだ。



増水の為ポイントも少なく魚の反応も無い。
かなり釣り上がってからようやく魚の顔を拝む事が出来たが納得サイズでは無い。
昼を回り魚もヒラキへと出始めポツポツでは有るが魚の反応も増え始めた。
途中に山ちゃんが余裕で尺を超える大物を見つけサイトで狙ったが痛恨のバラシ。



私も数尾良いサイズを見つけたがバラシの連続。
今日は魚の反応が鈍く、ヒラキに出ていてもすぐには反応を示さない魚が多い。
やっと反応しても流れが速く食いが浅いようでバレてしまうようだ。



魚の反応も上向きになりこれから良いポイントに入ると言う時、突然渓が暗くなり雨が降り始めた。
そして降りは激しくなり雷まで鳴り出した。
ふと頭に浮かんだのが朝の山道の事。
この雷雨で更に溝が深くなったら洒落にならない。
今回は不本意ながら此処で撤退する事に決めた。
落雷が轟く中、早足で車へ戻りロッドを車に放り込み着替えもせず山道を脱出。
安全な所まで出てから着替えを済ませ帰途に着いた。
そんな訳で今回は魚の画像は1枚も撮らず終了となった。
また次回に期待。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。