スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体力の限界

JUGEMテーマ:フィッシング
 
※7/25 画像を追加

7月23日(月)

今回は釣友Nと共に開拓途中の渓の続きへと出掛けてきた。
先の解らない渓の為、何が起こるか予想出来ないので現地へは少し早目の5:30頃に到着。
準備運動をし着替えを済ませ渓へと向かう山道を永遠と歩く。
曇り空で気温も肌寒い程だったが、山歩きを終えた頃には汗だくとなっていた。
今回は前回に越える事が出来なかった滝まで竿は出さすに進んだ。
そして歩き始めてから2時間半後、ようやく例の滝が見えてきた。
そして何とか無事に滝を越える事に成功。

滝上から見た下流

滝上の渓相は滝下からは想像できない穏やかな流れで、私達の期待度は一気に上がった。
早速ロッドを継いで準備を済ませる。
Nが先陣を切って狙うと可愛いサイズでは有るが、幸先良く朝の挨拶に顔を見せてくれた。

滝上の渓相

帰りの事も有り今回の納竿は14:00と決めているので、少しでも奥まで探る為にペースを上げて釣り上がる。
1時間も釣り上がらないうちに大きな滝が目前に立塞がった。
しかしこの滝は容易にクリア出来そうだ。

Hit Point!

滝壺の流れの筋をNと私で左右に別れ狙う。
しばらくして左側で釣っていたNのロッドが満月となっている。
その直後に私のフライにも反応が有り私にも良型がヒット。
2人してサイズを計ると、Nが33cmで私が31cmとW尺で有った。

Nの釣った33cm

Nの釣った尺上は色白だったが、対照的に私の釣った尺上は色が濃かった。
同じ渓でも全く異なる表情を持っているのでイワナが好きだ。

31cm

W尺の撮影を試みたがサイズが良いので2匹が暴れるのを抑えるのが難しい。
結局Nが手で持ち顔だけの撮影に・・・・・。
それでも迫力は伝わるかな?^^;

W尺(Nの釣った33cmと)

釣り開始早々の出来事に2人共興奮し期待度はマックスとなった。
しかしこの後は中々良型に恵まれず、時間だけが過ぎていった。

dynamic!

それでもコロコロと表情を変える渓相に飽きる事は無く釣り上がる。
相変わらず滝と通らずの連続では有るが慎重にクリアし上流へと進む。

滝の連続

この辺りまで来ると難所を越えた先の景色が楽しみになってくる。
帰りの事など考えず体力の続く限りひたすら上流へと歩を進めた。

癒しの流れ

だいぶ上流へと来た所で渓が二股に分かれている。
右の流れは次回の楽しみに取っておき左の流れを釣り上がる。
流れは細くなるがフライなら適度な水量だ。

だいぶ水量は減り

しばらく釣り上がったところで良い雰囲気のポイントが現れた。
タイミング良くこのポイントは私が狙う順番。
身を低くしポイントに近づき慎重にフライをポイントへと運ぶ。
流れが対岸の岩壁へぶつかる辺りにフライが差し掛かった時、フライの下から黒い影が浮き上がり同時にフライが水中へと消えた。
強烈な引きでロッドはバッドから曲がっている。

Hit!

無事ランディングに成功したのは本日2匹目の尺上。

31cm(2匹目)

最終ポイントも近いと思われる為、この後はNに優先的に釣って貰う。
しばらくしてまたしても大滝が目前に見えてきた。

気持ちの良い流れ

この滝は流石に越えるのは厳しい為、この大滝を最終ポイントとした。
この滝下のポイントも良い感じの流れとなっていて、尺が出そうな雰囲気はムンムン。
Nに狙って貰ったが8寸程度の魚が2匹釣れたのみだった。
Nが諦めたので私が最後に狙うと数投目でフライに反応が有り、尺とまでは行かなかったが泣尺がヒットした。

泣尺

この魚を最後に渓を下る事とした。
時間も納竿の予定より早かったのでNが1つ提案してきた。
それは帰りのルートが別に有るとの情報で、そこを開拓したいと言い出したのだ。
確かに時間もまだ早いしNは地理に強いから何とかなるだろうと私も話しに乗った。
まずは地図で見ると別の沢に大滝が有り、その大滝を巻く事から始まる。
その支流を見つけるには時間は掛からなかったが、目前に現れた滝をみて言葉を失った。
それは想像していた以上の特大の滝が目の前に現れたからだ。

大滝(この後大変な事に)

『マジでこの滝を巻くの?』てか『巻けるの?』
結局はチャレンジして見たが、垂直に等しい山肌を熊笹を命綱代わりに掴み登って行く。
まさに【生きた心地がしない】とはこの事だと身をもって感じた。
かなりの体力と時間を費やして山頂までは何とか出る事は出来たが、山頂も肩位までの熊笹で先が全く解らない。
流石のNもこの状況をみて断念したらしく、結局は今登ってきた急斜面を降りる事に・・・・・。
下りは更に命懸けで、もう2度と経験したくない程だった。
ころルート探しで2時間以上の時間を使ってしまった為、大幅に予定より時間が過ぎてしまった。
体力もすでにこの滝登りで使い果たしてしまい、私もNもフラフラになりながら渓を下る。
何度も何度も休憩を入れないと足が前へ進まない。
2人とも真剣に渓で翌朝を迎えるのを考えた程だ。
途中で日は落ちてしまい暗闇の中を懐中電灯の明かりを頼りに進む。
そして何とか車に辿り着いた時は20:00を越えていた。
体力が回復したところで着替えを済ませ、脱いだベストとウェーダを見てショック!
ウェーダの尻は破れベストも破れている。
ウェーダは修復出来そうだが、ベストはこの状態では無理・・・・・。

最悪・・・

まぁでもこのベストも8年使用しているので、そろそろ買い替え時だったのかな?
なにはともあれ無事に生還でき、今こうしてブログを更新出来ている事に幸せを感じなくてはならない。
あ~、生きてて良かった^^;


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>flyaokiさん
先日は申し訳有りませんでした。
ブログに有るように、無理をしてしまい遭難寸前でした。
危険な難所が結構有るので、この渓に釣行の際は余り無理をしないで下さいね^^;

No title

初めてコメントさせていただきますflyaokiと申します。
ワクワクドキドキしながら拝見させていただきました。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。