スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天気予報的中

今日は仕事が休みで久し振りに1日ゆっくりと釣りが出来ると思っていたのですが、天気予報では午後から崩れカミナリを伴い激しく雨が降るとのこと・・・。それでも午前中は何とかもちそうなので、会社の同僚Sさんと地元の渓に出掛けてきました。

現地には10時頃に到着したのですが、ラッキーな事に私達以外に釣り人はいません。Sさんはこの渓が初めての為、今日は私が案内役です。いつ雨が降ってくるか解らないので早々に仕度をし釣りを開始します。

釣り始めて間もなくするとSさんに小ぶりながらイワナがヒットしました。今日はいつにも増して釣れるような予感が・・・そんな予感も始めだけでした。
釣り始めて1時間程は私もSさんも良い調子で数匹づつ釣れたのですが、その後はパタリと当たりがなくなってしまいました。



そう言えば釣友が5日に同じ渓に入り、先行者は居なかったもののほとんど魚影さへ見られず、おかしいと思ったら上流部に大量の魚の内臓が有ったと言っていたのを思い出しました。ひょっとしたらGW中にかなりの魚が抜かれてしまったのでしょうか?
2時間程はノーバイト、ノーフィッシュが続き不安がどんどん膨らんで行きます。

そんな不安も或る区間を境に吹き飛んでしまいました。いままでが嘘のようにイワナらしいポイントから面白いように釣れ出してきたのです。サイズも上がり時折良型も顔を出し始めました。



ところが折角釣れ出したと言うのに、空が急に暗くなりだしカミナリが鳴り始めました。だいぶ上流の為カミナリも怖いですが鉄砲水が心配です。本格的に降り出す前に目の前のポイントを最後に撤収を余儀なくされました。

最後のポイントはラストを締めくくるのに相応しく、最高な渓相をしています。ここで1発良型が出てくれると良いのですが・・・。流れが石にぶつかっていて石の下が絶好のポイントとなっています。他のポイントには目もくれず、そのポイントの流れにELKカディスを乗せます。流れが石にぶつかる寸前の所で石の下から予想通り黒い影が姿を現し、フライを水中へと持って行きます。そして今日1番の引きで私を楽しませてくれました。



手短に撮影を済ませてロッドを畳むと同時に、雨も降り出してきました。足早に渓を下りますが15時とは思えないほど渓は暗く、おまけに濁りも入り始めたので川底が見えず思うように歩が進みません。
カミナリも真上で鳴り響き雨足も強くなってきました。露出している手や顔に雨が当たると痛いくらいです。その痛さが時間と共にどんどん増して行きます。それもその筈、雨に混じり3mmほどの氷の塊が落ちてきていたのです。その塊がどんどん大きさを増し、最終的には1cm強の塊が頭上から落ちてきたのです。
車に無事到着した時にはカミナリは遠ざかり、ヒョウも止んで静寂が戻っていました。ふと周りを見渡すと河原一面にヒョウが降り積もり神秘的な景色が広がっていました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちーさん、お久し振りです。
掲示板で拝見しましたが、高原の川はまだ水が多いようですね。
私も年券の購入がてら、近々行ってみようと思ってます。
でもドライじゃまだ厳しいかな?

No title

立派なイワナですね。

今日高原の川に少し入ってみました。
水量があり雪も振ったのでつれません。
私の掲示板に一載せてあります。

No title

うーさん、どうも。
山での雷は本当に怖いね(^^;
でも活性が上がったのは雷のおかげかもね?
魚は気圧の変化が解るみたいだから。

No title

相変わらず上手いですねー!雷に打たれずに済んで良かったね(^_^)
Sさんも釣れた様ですね!あー早く釣りに行きてー(T_T)
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。