スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定外の釣行

JUGEMテーマ:フィッシング

6月18日(月)

台風4号の接近で、今度の休みは釣りになりそうもない・・・。
仕事場で天気予報を見ると明日まではまだ天気が持ちそうだ。
迷わず帰り際に有給を出して帰宅^^

さて休みは取ったものの急な釣行なので何処へ行こうか?
悩んだ末に前々から気になっていた或る支流に決定。
でも前回の釣り同様(それ以上?)ハードな場所、しかも単独なので少々不安を抱え就寝。
翌日は天気予報通り梅雨らしからぬ抜けるような青空。
一気に不安も吹き飛び目的の渓へ車を走らせ向かう。
車を止めた場所から目的の渓を目指して、獣道をひたすら歩きクタクタになりながらも何とか到着。
流れは細いがイワナが好みそうな流れに少々興奮しながら準備をする。

深い谷

ガイドにラインを通しながら流れに目をやると居る居る♪
数尾のイワナが悠々と泳ぎライズを繰り返している。
準備も終わり手前のイワナから狙うと、何の疑いもなく素直にフライを吸い込んだ。

幸先の良い1匹

色白の美人イワナが歓迎してくれテンションも上がる。
サイズはレギュラーサイズで8寸程度だが、餌が豊富なのかプリプリの魚ばかりだ。
サイズに似合わない引きで次から次へと竿を絞り込んでいく。
時折り一回り良いサイズも顔を見せ油断が出来ない。

サイズUP

上流に行くに連れ流れも徐々に細くなってきた。
それでも魚影の濃さは変わらず、逆に濃さもサイズも上がってきたように感じる。
比較的に落差が少ない流れだが、流れが細いためか勢いは強い。

更に狭くなる流れ

樹木が覆い被さり日差しが入り込めず暗い緑のトンネルが続く。
魚をデジカメに収めるにも、日の当たる場所にわざわざ移動しながらの釣りだ^^;
それでも樹木の背が高いお陰で、頭上は確保され快適に釣り上がる事が出来る。

木漏れ日を浴びて

帰りの事も考えそろそろ引き返そうかと思っていたところ、いかにも居そうな美味しそうなポイントが出現。
流れを観察すると水面まで垂れ下がったツルの下にまずまずの魚が確認出来る。

良い雰囲気

ツルに引っ掛からないようにフライを入れると1発でフライを咥えてくれた。
ここにはまだ居そうなので目を凝らし隅から隅まで魚を探すが見当たらない。
ブラインドで大岩の裏へフライを入れるとスッーと静かにフライが消えた。
ドラグでフライが沈んだのかな?と思いながらも合わせを入れると確かな生命感。
この日の1番の引きでロッドが絞り込まれた。
しばらく引きを堪能し手前に寄せると結構良い型。
ネットに収めた魚を見て『ひょっとしてこれは?』と思いながらサイズを測る。
予想以上では無かったがジャスト尺。
なんとか今季も尺をゲットする事に成功した。

初尺

今回の釣行は自分の予想で訪れ、良い結果を出せたので納得の釣行となった。
ここまで足を運ぶには根性と気合いが必要だが、再び訪れたいと思う。
何故って?実は更にデカイのを確認しちゃったから^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。