スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師弟釣行

JUGEMテーマ:フィッシング

6月5日(火)

今回は私とうーさんの弟子?を引き連れて4人での釣行だ。
4人で釣り上がるには少し厳しいので、私&後輩M・うーさん&後輩Sでのコンビに別れて入渓。
気温は12℃と低く水量も大目だが、水温は9℃と何とかドライでも釣りになりそうだ。

高原の渓にて

午前中は魚の活性が低く、ポイントに長時間フライを置かないと魚は出てこない。
せっかく魚が出てきても動きがまだ鈍いのかフライを吸い込まない。

後輩M

日差しが出て水温が上がってくれれば状況も変わるのだろうが、日差しが出たのは一瞬で水中の活性を上げてくれるまでは至らない。

時折り日差しも

そんな渋い状況の中、私達を差し置いて最初に結果を出したのが後輩Sだった。
この1尾を皮切りに少しずつ反応も良くなり、昼前になってようやくポツポツ反応が出始めた。

嬉しい1尾

反応も良くなりこれからって時に冷たい雨・・・・・。
これでまた活性が下がり渋い状況に逆戻り。
後輩Mはこの時点でまだ0匹で、少々焦り始めているようだ。

プールのヒラキを狙うも・・・

釣れてくる魚は7寸程がレギュラーサイズで、サイズ的には少々不満が残る。
ようやく8寸超えが出てようやく画像に魚を残せた^^;

私の釣果(25cm位)

15時過ぎになり再び若干では有るが活性が上がってきたようだ。
下流で釣っている後輩Mを見ると、ようやくキャッチに成功しボウズは逃れたようで良かった。
後輩Sもうーさんの指導の下、弱音を吐く事無く頑張っているようだ。

降雨後は活性も下がり

うーさんも今回はサイズに恵まれる事は無かったようで、8寸強が最大だったようだ。

うーさんの釣果(25.5cm)

釣り終了の間際で後輩Mが待望の2尾目を釣り本日の釣りを終了とした。

なんとか2尾目

今回は天気にも恵まれず活性もいまいちで有ったが、それなりに楽しめた釣行となった。
最後に4人で集まり本日の釣果報告で、後輩Sは2匹目をフッキングしたがばれてしまい結局1匹の釣果で終わったようだ。
でもこの状況で結果を出したのだから、合格点だと思う。
後輩Mは2匹で終了とまだまだ頑張りましょうだった。
私からのアドバイスは車中で話した通りなので、今後の釣りに実践し生かして欲しい。
うーさんは私達より早上がりにも関わらず15匹と流石の釣果。
私はうーさんにサイズでは負けたが20匹と数では勝利。
ひさしぶりに大人数での釣行となったが、たまには楽しく良いものだ。
後輩達も次回の釣行の際には更にレベルUPしている事だろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。