スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Memorial Trout

JUGEMテーマ:フィッシング

5月31日(木)

今回も後輩Sを引き連れて地元の渓へ釣行。
待ち合わせは9時の約束だが、目が覚めて時計を見ると10時!
大幅な寝坊に飛び起きSへ連絡すると、律儀に待ち合わせ場所にまだいるとの事。
急いで支度をしSと合流・・・ごめんね^^;

目的の渓へ到着すると車が1台停まっている。
先行者が私達が入る渓では無い事を願い入渓するも、30分ほど釣り上がった時点で3人組が下ってきた・・・。
足跡が無かった事を不思議に思い、入渓時間を聞くと4時から釣り上がっていると言う。
そりゃ足跡も乾くわ・・・納得。
再び車に戻り上流へと移動し、釣り始めたのは昼過ぎとなった。

今回は渓も細く狭い為、難しいポイントは私、釣りやすいポイントはSに譲り釣り上がる。
ポイントへのストーキングや攻め方を説明しながら釣り上がるが、Sは呑み込みが早いようで中々良い攻め方をしている。

まずはヒラキから

ポイントへのコントロールこそ定まらないが、食い気の有る魚が居ればフライに何時出てもおかしくない。
こんな倒木の有るポイントでも、倒木を跨いでフライをポイントへ運んでいる。

倒木を避けて

小さいポイントの巻き返しを私の教えた通り身を低くし狙う。
数等目で上手い具合に巻き返しの流れにフライが乗り、良い感じでフライが流れて行く。

巻き返しの泡で

『出そうだな~』と見守っていると、スゥーとフライの下から陰が浮き上がりフライが吸い込まれた。
私の『合わせろ!』の声と同時にSもロッドを上げ見事にフッキング。
慌ててラインを手繰り寄せるSに、慌ててネットを出して掬おうとする私。
最終的にはラインを手繰り寄せ過ぎて魚が宙ぶらりんの空中キャッチ・・・^^;
それでも記念すべきSのファーストフィッシュ!
見て、この嬉しそうな笑顔!

Memorial Trout

どうやら興奮し過ぎて『この釣りおもしれ~!』と言いながら足がガクガクだったようだ。
でもSに限らず誰もが最初はそうだったはず!
現に私も発狂した記憶が・・・^^;

岩に身を隠し

この後も数回Sのフライにも反応は有ったが、残念ながらフッキングには至らず1匹のみで終了となった。
3時間程の釣行で有ったが、どうにか指導者としての役目を果たせたかな?

今回の釣行で無事Sには喜んで貰えた。
だが実はそれ以上に喜んでいる私だったりする。
Sのお陰で私も昔を思い出し、あの時の思いが込み上げてきた。
昨年デビューした後輩Aには結局1匹も釣らせてやる事が出来ず、フライの楽しさを伝えきれずに終了となってしまった。
私の指導に問題が有ったのでは無いのか?と考えてみたりもした。
確かに『1人でもどんどん渓に行って努力しろ!』と厳しかったのは事実だが、でも1~10まで全て教えてしまったら上達はするだろうが満足感が違うと思う。
自分で考え努力をし釣った納得の1匹こそ、本当に価値が有る1匹だと思うから・・・。
後輩Aで失敗した分、Sには諦めずフライを続けて欲しいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。