スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクール釣行

JUGEMテーマ:フィッシング

5月21日(月)

今回は会社の部下で有る、Sを引き連れての釣行だ。
部下と言っても昨年入社したばかりの、歳で言ったら息子とさほど変わらないティーンズ^^;
GW中に仲間と管釣りに行き面白かったと言うので『じゃぁ今度一緒にいくか?』と誘っての釣行だ。
しかし彼が管釣りで経験したのはルアーで、フライに比べたら手軽に出来る釣り。
いきなり現場に連れて行ってもルアーのようには行かない。
そこで私とうーさんで2回程キャスティングの練習を行なってからの釣行となった。



気持ちの良い青空が広がり、渓流釣りの魅力を堪能するにはこの上ない。
今回はトラブルが少なくて済むように開けた渓を選択したが、入渓して早々に尺上(推定32cm)をバラしたのみで、それ以降は昼過ぎまで魚影はなし。
まさにキャスティングの練習にきたようなものだ。
午後は本流は捨て支流へと入ってみた。



私とうーさんで交互に教えながら釣り上がるが、私達でも苦戦するのだから当然彼の毛鉤には反応はなし。
それでもキャスティングの練習の段階から、昨年デビューした後輩Aよりは遥かにセンスを感じられたのでそれなりにフライもポイントには入っている。
あとは魚が居れば釣れる筈なのだが・・・。
うーさんがフライの結び方を教えている間に一振りすると・・・



ごめんなさい、彼に釣らせる筈が私が釣っちゃった^^;
でもこの支流のポイントは魚影が濃く、同じポイントでいくつも釣れた。



ちなみにSが履いてるウェーダとシューズは後輩Aからの借り物。
ここで昨年デビューした後輩Aの事が気になる方もいるかもしれないので少々彼の情報を。
実はワカサギ釣りでも登場した後輩Aがその彼なのだが、昨年はウェーダとシューズを購入し他の道具は私が貸していた。
しかし今年に入っても軍資金が調達出来ないとの理由で、道具の購入が出来ないらしい。
そうこうしているうちに4月から勤務が変更になり一緒に釣りへは行けなくなった。
私に言わせるとやる気が有れば道具は必需品なのだから、どんな事をしてでも揃える筈。
少し冷たいようだが、やる気が無いと見なし私の貸していた道具を強制没収。
私にも『弟子1号』が出来ると思ったが、あえなく終了・・・となった。

話が脱線してしまったので話をもどす。
私もうーさんも何とかボウズは逃れ少し遅めの昼食。



昼食後はまた別の支流へと入ってみた。
ここも魚影は少なかったが渓相は私好み。



私もちゃんと教えましたよ^^



途中私が魚を見つけアドバイスをしてフライに完璧な出方をしたけど、合わせを入れなかったので痛恨のバラシ。
でも初めての出来事にSは興奮していた。
解るな~初めて自分のフライに出た時の興奮。
私も未だにあの時の興奮とドキドキは鮮明に覚えているもんなぁ。



結局Sに魚を釣らせてやる事は出来なかったが、ルアーよりは全然面白いと言ってくれたのが嬉しい。
これから色々な遊びを学んで行くSに、『釣り』が1番の遊びと思える日がくれば良いと思う。
でも独身のうちから釣りにはまり過ぎても少々心配だが^^;
次回は何とかSに魚を釣らせてやれるよう、指導者も頑張らなくてはいけない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。