スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slow Start

JUGEMテーマ:フィッシング

4月18日(水)

ようやく私も渓流シーズン突入。
めでたく?私が解禁を向かえたのは隣県の渓。
うーさんと2人での釣行。
渓の木々の芽吹きはまだ先のようで、寂しい景色が残念だ。

早春の流れ

芽吹きはもう少し先のようだが渓の中ははすでに春を迎えているらしく、虫達も盛んに飛び回り同時に渓魚達も元気にフライにアタックしてくる。
まず最初に挨拶に来てくれたのは、手の平サイズのアマゴちゃん。
今シーズンの第1号だ。

第1号(アマゴ)

時間の経過と共に魚達の活性も上がり、ここぞと言うポイントでは決まって反応が有る。
次第にイワナの頻度が高くなりサイズも徐々にUPしてきた。
テンポ良く釣れ午前中にはツ抜け達成をしていた。

イワナ

昼近くになり雲が多くなってきたが良さそうなプールではライズも見られた。
そんな魚達の姿をおかずに、土手に腰を下ろしランチタイム。

昼のヒトトキ

マスマス活性は上がり1つのプールで数匹の魚をキャッチなんて事も。
ヤマメとイワナの競演で至福の時間を過ごす事が出来た。

イワナ&ヤマメ

うーさんも順調に釣り上げているようだ。
しかし釣りをしてる時のうーさんは、普段では無いダンディー感が有るから不思議だ^^;



しばらく釣り上がったところで先行者の姿が確認出来た。
時計を見ると15:00とまだ少々終了するには早い時間だったが、私もうーさんもこの時点で満足していたのでここで今回は納竿とした。
終わって見れば2人共20匹近くの魚を手にする事が出来た。
でも不思議なのが私は8割がイワナだったが、うーさんは8割がヤマメ&アマゴだった事。
やはりイワナ好きの私は知らず知らずのうちに、イワナのポイントを攻めているのだろうか?
なにはともあれ、こうして無事に今年の私の渓流が開幕した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。