スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷上ラスト釣行~赤城大沼~

JUGEMテーマ:フィッシング

3月28日(水)

今シーズンの氷上ワカサギの締めくくりに、再び赤城大沼へと行ってきた。
朝は天気も良く絶好の釣り日和で、綺麗な朝焼けが出迎えてくれた。
今回は良い釣りが出来そうな予感。

朝の風景(青木旅館前より)

今回はどのポイントで竿を出すか悩む。
ここのところ好釣果の『青木旅館前』か、実績の有る『水門前』か?
そして結局は今回も水門前に釣り座を確保。
流石にこの時期になると人出は少なく、水門前は私を含め15人ほどだ。

水門前のテント村

釣り座をセッティングし仕掛けを下ろすと、朝から反応は良く良型のワカサギが顔を見せる。
好反応がしばらく続き、今回は良い釣果が期待出来そうだ。

朝から絶好調

ところが好調だったのは9時頃までで、その後は群れが魚探から消えてしまった。
手元のカウンターも順調に増えていたが『70』ほどでストップ。
他の人達も釣れなくなったようで次々とポイント移動が始まった。
私も移動するか悩んだ結果、魚探と竿だけ持って移動した人達の穴を探ってみる。
すると1つだけ魚探に良い反応が出た場所が有り、迷わずそちらへ移動をした。
この頃から途端に空が暗くなり雪が降り出した。

食いは活発

この移動が大正解で再び良いペースで釣れ始めた。
このポイントは魚探に群れが写らなくなっても飽きない程度に釣れ続けた。
そして11時過ぎには前回の記録を突破し赤城大沼の自己記録更新!

11時過ぎには1束

昼過ぎになり雪に風が加わり気温も急激に下がってきた。
テントの外は地吹雪となり、カタツムリが真横から煽られる。
風向きを考えずカタツムリを設置してしまった事を後悔^^;

昼過ぎは地吹雪に

13時頃に群れも反応も無くなったが、14時頃には再び良い群れが入り入れ食い状態となった。
外は吹雪で寒いがカタツムリの中はウハウハ状態^^
しばらくこの状態が続き手元のカウンターも順調に数を刻む。
そして今回も16時30分に終了。
最終釣果は赤城大沼5回目のチャレンジにしてまさかの2束超え!

最終釣果

数は前回の野尻湖の1/3程度だが、良型揃いのため見た目はそれ以上。
カタツムリを開けるといつしか雪も止み、私の気持ちを映し出したような気持ちの良い青空が広がっていた。
こうして今シーズン私の氷上ワカサギが幕を閉じた。
来シーズンもワカサギ達と遊べる事を願い赤城大沼を後にした。

天気も回復

翌日、赤城大沼の釣果情報を見ると全体的に釣れた日だったようで、『青木旅館前』で333匹とポイントはこちらの方が良かったのか?
そして『水門前』では200匹と、私もトップレベルの釣果だったようだ♪

しかし何時でもこう上手く行かないのが赤城大沼!
今回は運が良かっただけで、実力では無いのは百も承知!
いつでもトップレベルを確保出来るように精進有るのみ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。