スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹雪の赤城大沼

JUGEMテーマ:フィッシング

3月12日(月)

また懲りずに赤城大沼へワカサギ駆除に行ってきた。
前々日・前日にだいぶ雪が積もったとの情報通り、赤城の峠に差し掛かって間もなく路面は凍結。
単独で現地入りすると言っていた後輩Aが少々心配になり連絡を入れる。
なんせ彼の車はFFの2駆で雪道の運転が不慣れだからだ。
どうやらまだ私の後に居るようなので、合流し私の車に荷物を積み込み現地へ向かう事にした。
案の定、標高が増すにつれ気温はグングン下がり-13℃、景色は一面銀世界へと変貌した。



私は『青木本館前』で本日の釣りを予定していたが、後輩Aが青木別館でカタツムリの予約をしていると言うので私も付き合う事にした。
しかし私も今回で赤城大沼は3回目、しかも大洞地区は初めてなのでポイントが全く解らない。
適当に穴を空けてやろうと思っていたが、青木別館の若旦那が今日は釣りをするらしく、ポイントまで案内してくれた。
氷上には雪が膝上まで積もっているが、前日に除雪をしてくれたようでポイントまで楽に辿り着く事が出来た。



今日のポイントは俗に言う『別館前』の水深6.5m。
今回は目標釣果は、せめて前回の貧釣を上回る30匹と低目に設定(←最近弱気)
魚探を見ると朝一から良い群れが入ってきているようなので急いで準備を済ませる。
そして1投目の棚を合わせてる最中から当たりが有り、合わせると穂先が気持ち良く曲がりピクピクと魚がのった事を知らせてくれる。
ところが針が氷に引っ掛かってしまい、1投目から仕掛けが水中に消えて行ってしまった(涙)
新しい仕掛けを再セッティングするまで大幅に時間をロスする事となった。
好調だったのは朝の1時間程で、その後はたまーに薄い群れがきてポツリポツリ釣れる状況に。
朝は穏やかだった天気も9時頃には風が出始め、この頃から魚探も真っ白に・・・。
ようやく次の良い群れが回ってきたのは昼頃。
この群れは非常に濃く食いも活発で長い時間とどまってくれた。
この群れが通り過ぎたと同時に日差しが無くなり外は猛吹雪と化していた。
その後はたまーに当たりが有るだけで暇な時間が続いた。
あまりの猛吹雪で流石に帰りが心配になり、本日は2時過ぎには撤収。
最終釣果は目標達成の56匹と自分なりには納得。
因みに目標10匹だった後輩Aは目標未達の7匹で終了。



猛吹雪の中、積もった雪でへロヘロになりながら車に帰還。
午前中は釣りに集中して画像を撮り忘れ、午後は猛吹雪で画像が撮れず今回の画像はこの3枚だけ・・・。
帰りの道中では地吹雪でホワイトアウト状態で道が見えず、怖い思いをしながらも無事自宅まで辿り着く事ができた。
今回はポイントまで案内してくれた青木別館の若旦那に感謝感謝。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。