スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松原湖 最終釣行

JUGEMテーマ:フィッシング

3月1日(木)

この日は全国的にメインの渓流が解禁日。
しかし向かうは松原湖でのワカサギ釣り。
241号から千曲川を横目に見ながら、『昔は今頃なら千曲にも2回は行ってたんだよなぁ』などと思い出に浸りながら松原湖へと向かう。
今日は私にとって松原湖は最終日。
空も青空が覗き氷上の雪に反射して眩しく暑い。

 
最終日のポイントは湖畔館前。
魚探にはワカサギの魚影が好反応。
仕掛けを下ろすとすぐさま穂先が小刻みにプルプル。
しかし1時間もしないうちに激渋モードへ突入。
この時点で20匹ほどの釣果。
現地集合した後輩Aに様子を聞くと彼はまだ1匹も釣れていないとの事。
朝のラッシュを逃すとかなりやばいのが松原湖、彼も焦っているようだ。
いつもの事ながら魚探に反応が有っても口を使ってこないので少々場所を移動。
稲荷前のポイントに魚探を入れると画面が真っ赤。
急いで後輩Aを呼び二人並んで釣り始めるが、嘘のように当たりは無し。
この魚に口を使わせるにはどうしたら良い物か?
誰か未熟な私にアドバイスをして欲しいものだ。



結局10時まで3匹ほど追加したのみ。
もうこの時点でお手上げ状態で白旗を上げた感じだ。
それならば『もう1つの楽しみへと行きましょう』てな感じで、少し早目の昼食(酒の肴)へと切り替えた。
今回の楽しみは、榛名に有る焼き肉屋『山木屋』の塩ホルモン。
本来なら炭で焼いて食べたいところだが、絶好のロケーションならバーナーで焼いても絶品!
いつもより余計にションベン汁を補給してしまった^^;



すでに私は宴会モードに突入したが、後輩Aは本気モードで釣っている。
彼は用事が有って13時頃には帰らなくてはならないようでタイムリミットが迫っているようだ。
そんな彼に『もう諦めた方がいんじゃねぇの?』と横から冷やかす酔っ払いの私。
むきになって釣ったところでどうにもならないのが此処のワカサギちゃん。
結局タイムリミットを向かえ、まさかの『高校球児の頭』で最後を迎えた彼。
そんな彼に『成長が有りませんね~』と薄情な私^^;
まぁでもそれ以上の記録は出せないから、今後も気が楽でしょう!



そんな立派な事を行っている私も、酔いを醒ましながら16時までやったけど恥ずかしい結果。
後輩Aが帰った後に3匹追加したのみで終了。
本当に恥ずかしい話ですわ!
恥ずかしくて画像を載せたくないほど・・・。
これ↓が私の松原湖の最終釣果でつ・・・



まだまだ未熟で修行が必要だね。
さて赤城大沼も解禁したようなので、返り討ちにされて来るとしよう。
だって去年は1回しか行かなかったが、丁度この時期に行って2匹だったのさ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。