スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ELKカディス



今回とりあげたELKカディスは、私がシーズンを通してもっとも多用するパターンです。これからの時期はELKカディスだけ有れば、充分釣りになると言っても過言では無い位です。

古くから日本に伝わるドライフライの中でも、これほど魚(特にイワナ)に対して効果の有るパターンは他に無いと私は思っています。
フライを巻く際にも手軽に短時間で量産出来ます。また使用する際にも、視認性・耐久性・手返しの良さ、どれを取っても他のドライフライより勝っていると思うのです。

比較的フライ自体に重量が有る為5X位のティペットと相性が良く、狙ったポイントにピシッと決まってくれます。また5XのティペットですとELKカディス特有のティペットがチリチリになってしまう現象も無く、快適に渓を釣り上がれます。

流し方はナチュラルに流しても良し、ドラグをかけても良し、水中をスイングさせても良しと使い勝手は抜群です。
それに何と言っても渓流のイワナにはELKカディスが1番似合うと私は思うのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。