スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開拓? パートⅡ

JUGEMテーマ:フィッシング

6月14日(火)

今年は『まだ行った事の無い渓』をテーマに、日々地図を眺めている。
出来れば県内の渓で片道2時間以内が望ましいが、中々その条件に添う渓が見つからない。
今回も散々悩んだ末に、1本の渓を選択してみた。
距離的には2時間有れば到着出来そうだが、実際行ってみないと解らないので、夜勤明けで寝ずに出発する事にした。
予想に反して道は良く整備されており、早朝のせいもあり6時前に到着してしまった。
少し気温が低いのが気になるが、支度を済ませ渓に沿って有る林道を30分程歩いてから渓に降りた。

大外れ

渓相は文句の付けようが無いほど良く、水温も12℃とベスト!
期待に胸を膨らませ釣り上がり開始。
ところが・・・・・2時間程釣り上がっても反応はおろか魚影も確認出来ない。
まぁ初めての渓だから失敗も仕方ないと、早々に切り上げる事にした。
程近い場所に別の渓が有るのは事前に確認していたのと、幸いまだ時間が早いので仕切り直しは出来そうだ。
10時前には2本目の渓へ到着し、渓を眺めるとこちらも渓相は良い。
そして入渓して早々、走る魚を確認出来た。



朝方は曇っていて肌寒かったが、この頃になると日差しも出て渓が輝いている。
やはり初めての渓は何か心が弾む。
ヤマメとイワナの混生で標高が低いせいか釣れて来るのは7:3でヤマメの方が多い。
サイズは大きくないが、ワクワクして楽しんでいる自分が良く解る。



流れは比較的に平坦だが、源流を思わせるようなポイントも多い。
良いタイミングでポイントが変わるので、飽きずに釣り上がる事が出来る。
平坦な流れからはヤマメ、大岩の巻きではイワナと上手に住み分けが出来ているようだ。

2本目の渓

時間と共にライズも確認出来、活性も上がってきているようだ。
或る渕で数匹のヤマメを釣り次のポイントへ移動しようと大岩を登ったら、大岩の裏にデカイ奴が浮いているのを発見。
お尻を向けていてくれた為、まだ私の存在には気付いていないようだ。
観察すると時折ライズをしている。
これは頂き!とフライを入れると1発で反応し吸い込んだ!
ところがこれがスッポ抜け!!!
針に触った感触は無かったので、まだチャンスは有るかも知れないと居座り決定!
そして10分程経った時、奴はまた現れた!
更に10分程間を置き、警戒心が解けたのを見計らって再度フライを入れる。
先程の光景を再生するかのように、また1発目でフライを吸い込んだ!
今度は確実な手応えと言うより、猛烈なパワーで竿が左右に持って行かれる。
なんとか潜られないように踏ん張ると、奴もおとなしくなってきた。
ここで重大な事に気付く。
岩の上から狙っていた為、魚を取り込む事が出来ないじゃないの!
このまま水に飛び込もうか悩んだが、一か八か魚を引き抜く事に決定!
実は大物に備え5Xリーダーにフライを直結していたのだ。
かなりの重さだが5Xなら何とか行けるはずだ。
タイミングを見計らっいロッドの弾力を利用して一気に水面から引き抜いた!
バッチリ成功!!!

極太35cm

丸々と太った筋肉隆々な今季初の尺上イワナ!
もう今回はこれで満足過ぎるほど満足。
時計を見たらまだ13時30分でこれから更に活性は上がりそうだけど、今回はこれで終了。
1番気持ちの良い時に終わりにした方が、良い夢見られるからね!
てな訳でその日のうちに珍しくレポUP出来ちゃった^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>うーさん
拝む前に足を運ばなくちゃ^^
県内の渓もまだまだデカイのが居るよ!
この前コメント入れてくれたyamameさんて方が居るんだけど、この方は凄過ぎ!

No title

いいのがいたねー。
あー尺神様、ワイ・ウー様。
僕もあやかれるように会社で会ったら拝ませて頂きます。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。