スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストスパート

JUGEMテーマ:フィッシング

10月23日(金)

ここ野反湖も禁漁まで残すところ僅かとなり、私の釣行もあと数回行ければ良いところです。
相変わらず野反湖とは相性が悪く、今年も景色を楽しむのがメイン続きです^^;
今回も秋晴れに恵まれ気持ちの良い1日を過ごせました。

第2キャンプ場

心地よい南風の中いつも通り白樺淵へと向かいます。
私好みの丁度良い程度に湖面も波立ち、ライズも数多く有ります。
でも大半はいつもながらのウグイのライズらしく狙うか悩むところです。
とりあえず前回調子の良かったパターンで狙ってみますが、今回はウグイにも相手にして貰えません・・・。
ライズを観察すると水面下でもじっているようなライズが多いのに気付き、フライを水面直下のパターンに換えサイズも落として見ました。
すると1投目で反応が有りウグイとばかり思っていましたが、小振りながらニジマスが顔を見せてくれたのです。

まずは1匹

放流物ですが幸先の良い1匹に思わず顔が緩みます。
再び同じパターンで狙うと特別良いサイズは出ませんが、飽きない程度に釣れ続け午前中だけで8匹のニジマスが釣れました。
このペースは私の野反湖での記録的ペースで、ひょっとしたら初の二桁も夢では有りません。
午後になり前回同様に風向きが北風へと変わりましたが、今回はライズこそ減ったものの活性を下げる程の強風とはなりませんでした。
そして気付けば二桁をクリアし数多くのニジマスを釣り上げる事に成功しました。
どれも似たようなサイズでしたが、中にはヒレピンのニジマスも混ざりました。
残念なのはこれだけ釣ったのにブルーバックが1匹も出なかった事です。
いったいブルーバックは何処に行ってしまったのでしょう?

似たようなサイズばかり

15時過ぎになり反応も少なくなったのでポイントをニシブタへ移動しました。
日も短くなり湖畔を歩く影が伸びるのもだいぶ早くなりました。
ニシブタではライズは有るものの難しいものばかりで完敗に終わりました。

夕刻の湖面

今回はサイズこそ満足出来るものでは有りませんでしたが、記録更新出来た事は素直に喜び終了としました。
さてこれからは寒さとの戦いの野反湖となりますが、少しでも心が温まるような魚に出会いラストを迎えたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>sakuさん
良い日に当たっただけなんですよ^^;
次に行った時は、同じ湖とは思えない程の差が有りました。
水面直下のパターンも通用しませんでした。

来年は是非ブルーバックを釣って下さい。
きっと神秘的な色に感動すると思いますよ^^

No title

こんばんは~。
二桁以上の釣果ですか~、さすがですね。

水面直下がヒントなんですね。なるほど~。
あの難しいライズは、また行っても釣れる気がしないですね。(へたくそなだけですが・・)

来シーズンでも、またお邪魔させてもらって
一度は、ブルーバックを見てみたいと思います。

No title

>Naoさん
サイズは今一つでしたが、久し振りに遊んで貰えました^^
でも私は尺上のブルーバック、いまだに釣った事ないです…^^;
稚魚も結構いるから、綺麗な魚がもっと釣れても良いように思うんですけどね~。

No title

いい天気に、いい釣果、うらやましいです
金曜日と日曜日ではこうも違いがありますかね~。
ワイ・ウーさんは、相性いいじゃないですか!^^
僕の最高は7匹ですから・・・^^;
でも、最近、ブルーバックが小型化していますよね。
以前は尺チョイが多かったですけどね。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。