スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧の野反湖

JUGEMテーマ:フィッシング

10月7日(水)

猛烈な 台風18号が日本縦断しようとしている中、久し振りにうーさんと行ってきました。
前回ほどの大雨には見舞われませんでしたが、今回は景色を楽しむ事も出来ないほどの霧に包み込まれた野反湖でした。

霧に包まれた野反湖

ニシブタで結構な数のライズを目の前に、手も足も出ず完敗でした。
恐らく食べているものは特定のものでは無いと思うのですが、フライにはまったく口を使ってくれません。
フライの下まではくるのですが、寸前で見切られ戻ってしまいます。
きっとティペットの存在が違和感を与えてしまっているのだと思います。
その証拠に中には大きな虫に激しくライズする魚もいました。
ティペットのサイズを落とせばもう少し遊べたのかもしれませんが、雨の中で細い糸は益々ストレスが溜まってしまうので6Xで通しました。
結果チビニジマス1匹と言う、情けない結果に終わってしまいました。

カメムシ

白樺淵で釣っていたうーさんは流石で、24~26cmを3匹釣ったようです。
トボトボと湖畔を歩いていると、真っ赤な車が乗り捨てられています。
珍しい光景に思わずシャッターをきってしまいました^^

今日の愛車?

次回は魚の顔をみれなくても、せめて天気に恵まれ景色を堪能したいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>Naoさん
いえいえ、渓流での釣欲に比べたらチビニジで充分です^^
確かにライズの数の割に、反応が少ないのでスレているのかもですね。

No title

すご腕のワイ・ウ-さんですと、チビニジでは満足できませんね^^
私は、依然として、ニジの顔をみていませ~ん。 なぜか、イワナ君とウグイ様ばかりです。
なにやら、8月下旬~9月上旬に、ニシブタ~白樺付近は、釣れまくって管釣り状態ですごかったみたいですね。
すれているんでしょうか?(笑)

No title

>小猿さん
確かに霧の野反湖も幻想的ですが、この時期はやっぱり紅葉を堪能したいですね^^;

No title

雨さえ降っていなければ、霧の野反湖も幻想的で好きなんですけどね。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。