スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズンを振り返って

JUGEMテーマ:フィッシング

私の住む群馬県は今月の20日で禁漁となり、全国的にも残すところ数日となりましたね。
私は県内の釣りを最後に一足先に〆の釣りを済ませましたが、まだ〆の釣りをこれからと言う方も多い事でしょう。
今シーズンも無事に目標をクリア出来、悔いの残らない?シーズンを終わる事が出来ました。
ひとつ欲を言えば目撃した30後半の魚を仕留めたかった・・・^^;
まぁ仕留められなかった理由は自分の技量不足がすべてですから、来シーズンの宿題です。

今シーズンは私にとって色々と思い出に残る出来事が有った年でもありました。
1番の印象に残った出来事は、尺上のイワナが1度バレたのにも関わらず再び同じポイントに戻り再びフライを咥えた事でした。
過去に地元の碓井湖で放流物の20cmほどのイワナが、バレた後に再びライズを繰り返しながら泳いで行ったと言う経験は有りましたが、天然の尺イワナでは信じられない出来事でした。
まだ魚のコンディションは悪く細いイワナでしたが嬉しい1尾でした。

31cm

次はまだ記憶に新しい1日に尺上5匹と言う、自分でも驚いた大記録が出た出来事です。
この日は午前中はパッとせず午後になってようやく魚の活性が上がってきました。
最終ポイントまでに2匹の尺イワナを釣り、満足をして渓を下っていました。
すると行きには反応さえなかったポイントにイワナの姿が確認出来、釣り上げてみたら尺上イワナでした。
そんな出来事が何度も重なり、渓を下りながら尺上を3匹追加出来たのです。
実はこの日、私の後からフライマンが1人釣り上がってきたのですが、私の姿を確認して下って行きました。
もしこの方が時間を置いてから再び釣り上がっていれば、この方がこの3匹の尺上をキャッチしていた事でしょう。
実際にこの渓で『1日が終わって見ないと解らないなぁ』と言った経験を何度もしました。

33cm

他にもたくさん貴重な体験を出来たのが今シーズンの1番の収穫だと思います。
この貴重な体験をこれから先に生かす事が出来れば、きっと来シーズン30後半も夢ではないでしょうが、今の私にはまだまだ時間が掛かりそうです^^;

先日、今シーズンを振り返って画像を見ていて或る事に気付きました。
それは画像にフラッシュを使用した物が無いと言う事です。
確かに最近のデジカメの性能による為や天気に恵まれた日が多いと言う理由も有りますが、1番の理由はここ数年はイブニングをやっていない為です。

33.5cm

数年前までは真っ暗でフライが見えなくなってもロッドを振っていた私です。
時にはイブニングだけの為に渓に出掛けていた事も有ります。
それが何故イブニングをやらなくなったのか?
それは単純に暗くなってから渓を歩くのが面倒になったと言うのも有りますが、いくつかの或る出来事が私をイブニングから足を洗わせたのです。

その一つが会社の餌釣りの方との釣り談義をしていた時の話です。
その方は解禁日となると、まだ暗いうちからポイントに入り『蛍光うき』を使って釣りをして爆釣だと自慢げに話をしていました。
そんな彼に『釣りって、日の出から日の入りまでですよね?それって違反じゃないんですか?』と聞くと『そんな事言ってフライだって真っ暗になるまでやってるじゃねぇ』と突っ込まれ返す言葉を失ってしまいました。
確かにフライが見えない時間はすでに『日の入り』を過ぎているんですよね・・・。
C&Rだの、バーブレスフックだのと、『私は魚に優しい釣りをしてます』みたいに言っていても、魚が一番無防備になっている時間を狙って釣っていた自分が恥ずかしくなってしまいました。
最近では某フライ雑誌でも『暗くなってから30分が勝負』などど歌っている位です・・・。
有名な雑誌でそのようなキャッチコピーはどうかな?と思ってしまいます。

そしてもう一つの理由が、某エキスパートの方の言葉からです。
それは『出来ることなら撮影時にはフラッシュを使いたくない。少しでも自然な色合いで忠実に再現したい。折角の被写体もフラッシュを使う事により台無しになってしまう。だったら暗くなってからの釣りを止めれば良い』と言う言葉でした。
丁度その頃、イブニングの釣りに疑問を持ち出していた私は非常に強くこの言葉が心に響きました。

だからと言って決してイブニングの釣りを否定してる訳では有りません。
私だって帰り際に良型のライズを目撃してしまったら、ロッドを振りたい気持ちを抑えきる自信は御座いません^^;
ただイブニングを進めるような記事や、暗闇で撮影した画像までも載せるのはどうかな?と思ってしまうのです。
まぁこの辺の考え方は、それぞれ意見が違うと思うので答は出ないと思います。
でも『日の出から日の入り』と言うルールは間違いなく存在するので、その辺をもう一度肝に銘じて考えて頂きたいと思うのが私の意見です。

自然の光を借りて撮影した画像はやはり良いもので、100%は無理ですがその瞬間を切り抜いて自宅へ持って帰れます。
そしてオフシーズンに、ニヤニヤしながら画像を眺めている私を再び渓へ連れて行ってくれるような気がします。
そんな時間を少しでも多く味わう為に、たくさんの画像をこれからも残して行きたいと思います。



2度目?

泣尺
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>Naoさん
今年は県内の釣りで釣り収めとしました。
私の釣果は渓に恵まれているお陰ですよ^^;
Naoさんなら間違いなく尺上GET出来ますよ!
片品は女性だと危険ですが、もう1本の渓はNちゃまでも平気だと思いますので、来シーズンに宜しかったら案内しますよ^^

イブの件ですが、記事をUPした後に自分で読み返してみて、何て自分勝手な事を書いてんだろ?と反省です^^;

確かに車に戻るまで時間が掛かる渓で、『イブは凄いんだろうな』と後髪を引かれる事が度々有りますね。
でもそんな渓では帰りを考えると、とても恐ろしくてイブなど出来ませんね(汗)
魚無くして成り立たない遊びですので、一日遊んで貰った後の引き際も大事かなと思います。

写真ですが、私も自慢出来る程のものでは有りませんよ^^;
10枚撮って1枚自己満足出来る写真が有れば良いかな程度です。
撮影方法も特別な設定はしていません。
気を付けている事と言えば、魚の模様が綺麗に出るように魚を出来るだけ寝かせないようにしています。
でもイワナは比較的に楽ですが、ヤマメはすぐ横になってしまうので難しいですね。
そんな時は下に石を入れたりして、なるべく横にならないようにしています。
また魚を完全に水中に入れてしまうのも手ですが、これは非常に難しいです。
あとは太陽の反射が入らないように、色々と角度を変え、時には自分が寝そべるような格好で撮影しています^^;
因みに5枚目の写真は、光の角度でどうしても魚が光ってしまい模様が出なかったので、魚を水中に沈めて撮っています。

今年も渓は終了してしまいましたが、まだ野反湖の釣りが残っていますね。
今年こそ野反湖でお逢いできるかな?^^

No title

ども^^
今年はラストリバ-が忙しいようで、早かったですね~

それにしても、今年、あいや、毎年、数はもとより、サイズも凄いです^^圧巻です。

イブの釣談義ですが(笑)
やはり、フラッシュたいた写真より、晴天の中、自分の影を写さないよう、撮影するのが最高です。(私はめっぽう撮影がヘタですが・・)

これって、いろいろ意見があるでしょうが、みなさんいろいろなフライマンのスタイルってのありまして、千曲川上のような激戦区ですと、やはりいいサイズは薄暗くなった時にしか、釣れない時もあるでしょうし、逆に山岳で、入退渓に時間のかかる所でしたら、早めに退渓しなければなりませんし、その辺が、大きな違いでしょうね。

どちらにせよ、釣った魚の写真を撮影するとき、天然のイワナ(綺麗な魚)を撮影する時は、やはり天然の光量で撮影した方が綺麗ということです。

山岳で、車の側付近でないのに、真っ暗になるまで、ロッドを振っていて、戻りに30分もかかっていたようであれば、失礼な言い方をすれば、アホですよね。てか、ワイ。ウ-サンの言う通り、ものすごく危険です。

ま、撮影のへたくそな私には、撮影のことに関してはなにも言えません(笑)
でも、こんな釣談義?は、いいですね~^^

なにはともあれ、渓シ-ズンお疲れ様です♪
 
イワナの写真はともかく、4枚目の渓の写真は最高ですね^^。
多分、同じコンデジを使用していますが、どうやって、撮るんでしょう?(汗)

No title

>ちーさん
今回の記事は行き過ぎた面も有り、今更ながら少し反省をしています^^;
人それぞれ『日の入り』の感覚が違うのが事実ですしね。
それにイブニングで釣れた魚が、その方にとっては思い出の1匹な訳ですからね。
画像に残して多くの方に見て貰いたい気持ちも良く解ります。
私も昔はそうでしたし、こんな事を言っておきながらこの先イブをやる事も有ると思います。
ただ単に某雑誌の『魚を釣りたければ暗くなってから釣れ!』みたいな記事が、どうしても理解し難く今回に至った次第です。
そのような記事に対して、皆さんはどう捉えるのか意見を聞きたかったのが本音なんですよ^^;
イブはイブで事故には気を付けて楽しんで下さい。

No title

おくればせながら。

日の出から日の入りルールが有ったとは・・
厳しすぎるかなと思いました。

オレルールだと「#14番のパラダンが見えなくなったら、アイにティペットをむすべなくなったら終わり」ですが。

日が落ち、鳥が飛ばなくならないとライズが始まらないという事も有って明るいうちはやってます。
確かに暗くなってからが勝負っていう人もどこかのC&R区間で遇いました。
さすがに闇の中でライズを取るのは引っ掛けと同じだろと思いましたが。

私のイブニングの写真は真っ暗に見えますねぇ、改めて見ると。こまった、どうしよう。

この議題はもっとちがう意見を知りたいですね。

No title

>小猿さん
正直この記事をUPするのは勇気がいりました。
数年前の私がこの時事を読んだら『綺麗ごと言ってんじゃねぇよ!』と思うことでしょう。
私を良く知る小猿さんも『良くお前がそんな事言えるな!』と思った事でしょうね^^;
あくまでもこれは私個人の意見で、イブニングそのものを否定はしてません。
でも漁業の仕事に携わる方が、堂々と真っ暗の中での釣りをイブニングと言っているのを見てしまうと…。
叩かれるのは覚悟で、色々な意見が聞ければそれで良し!です。

No title

>よっちさん
無事に良いシーズンを終えられたようで何よりです。
来シーズンはご一緒出来たら良いですね。

No title

実は私も釣りに対しての多少の悩みは数年前からあるんです。
ここでは言いませんが…。
「そんなんだったら釣りをやめれば」と思われてしまいそうな事です。
釣りを続ければ続けるほど、魚が好きになればなるほど矛盾が出てきてしまいます。
でもしばらくは釣りを止められそうにありません。
ですから自分のスタイルが一番正当だと思うのは慎みたいと考えています。

No title

こんにちは!
僕もより釣りができました!
尺には未だ出会っていませんが、たくさんの良い魚と出会え満足しています。
この記事を読んでいるとなんかとても良いシーズンであった事が伝わってきます。
これも自然のおかげですね!大切にしましょう。
来シーズンはご一緒できたら嬉しいです。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。