スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋空の下で

JUGEMテーマ:フィッシング

9月11日(金)

今年の群馬県内の釣りも残り僅かとなり、私も今回の釣行を含み残り2回行ければいいと言った感じです。
残り少ない釣りを何処の渓で過ごすか悩むところです。
悩んだ結果やはり実績が有る渓を選択し、マンネリでは有りますが行ってきました。
朝方は曇っていた空も時間と共に秋空を覗かせ、気持ちの良い一日となりました。
朝の気温は8℃と低くシャツ1枚では寒い程です。

秋空


気温のせいなのでしょうか、水温は13℃有るのですが魚の反応はまったく有りません。
釣り始めてから3時間経ちましたが、いまだにノーフィッシュに終わっています。
何か嫌な空気が流れて頭に『ボ』の1文字が浮かんできます。
そんな不安を引きずる中、時計の針が10時を回った頃にようやく待望の1匹目がお目見えです。
サイズもまずまずで『フッ』と肩の重みが取れました。

ようやく良型


その後は魚の活性も徐々に良くなりポツポツでは有りますが、元気なイワナが顔を見せはじめてくれました。
或るプールで1匹のイワナがクルージングしながら時折何かを捕食しています。
驚いたのはそのイワナは私の存在など無視して、私の目の前2m程の所までも近づいてくるのです。
そして鼻先だけだして『パクリ』と捕食を繰り返しています。
フライを落とすと今までの動きと変わらず『スー』と浮いてきて『パクリ』
28cm位だと思っていましたが、意外に良型で綺麗な尺上でした(汗)
この渓は水質のせいなのでしょうか水中に見える魚は、実際の大きさよりもだいぶ小さく見えます。
実際ランディングしてみてビックリと言うのが度々有るのです。

31cm


その後はまた反応が渋くなってしまい中々魚の顔を拝めない時間が続きました。
そして或るポイントに到着。
実は前回の釣行で不注意にポイントへ近づいてしまい、良型に走られてしまったポイントです。
果たして今回も同じポイントに入っているでしょうか?
まずは1つ手前の流れから探ってみます。
1投目・・・2投目・・・3投目・・・・・・『ガバッ』
今日はこちらの流れに移動していたようで、強烈な引きでグングンと流れを下って行きます。
私も一緒に流れを下り無事ランディングしたのは、下顎がシャクレた立派な尺イワナでした。

33cm


気分も良く上流へと渓を釣り上がります。
そして幾つかのイワナを手中に収めたのち最終ポイントに到着しました。
時計を見るとまだ14時でしたが、今回は少し早目に切り上げる事にしました。

風景


渓を下りながら気になるポイントを再び覗いてみます。
すると流れの中に良さそうなサイズが泳いでいます。
再びラインをガイドに通しフライをセットしました(汗)
流れにフライを入れると手前の流れにフライが引っ張られすぐに沈んでしまいました。
しかしその沈んでウェットのような流れ方をするフライを追いかけイワナは私に向かってきます。
そして本当に私の目の前まで来てフライを追いかけるのを止め下流へと移動してしまいました。
その様子は慌てて逃げると言った感じではなく、落ち着いた様子で下流へと移動したのです。
そしてプールの開きでライズを始めると言った始末です(苦笑)
これは私に対する挑戦状と受け止め勝負に挑みます。
しかし当然の事ながら私の存在に気付いているようで、先程までのフライでは反応はするものの見切られてしまいます。
フライチェンジをし再びフライを流すと2投目で綺麗にレーンを流れ、何の疑いも無いような綺麗なフォームでフライを口にしました。
これも丸い顔で迫力には欠けますが雌の尺イワナでした。

30cm


そして更に渓を下り、行きには反応が無かった前回に泣尺を釣ったポイントにフライを入れます。
すると一投目で激しい水飛沫を上げ強い引きでロッドが絞り込まれました。
引きでは今日1番の強烈な引きです。
慎重にやりとりしてランディングした主は丸々と太った雄イワナでした。
前回と同じ魚かとも思いましたがサイズを測ると前回のイワナよりサイズは良く、これまた立派な尺イワナでした。
残念な事に撮影中に逃亡され画像を残せませんでしたが、体型では今日1番カッコいいイワナだったと言う事だけを付け加えておきます。

更に下り、今まで魚が釣れた記憶の無いプールの為に無視して通り過ぎようとした時、岩盤に出来た黒い影が気になり足を止めました。
中層に出来たその黒い影をしばらく観察しますが、まったく動く気配が有りません。
岩の模様や岩の影が魚に見える事は良く有る事です。
しかしどうしても気になり再び観察を続けました。
ところが待てども動く気配は無く、しびれを切らしてフライを流してみました。
すると黒い影がフライに向かって浮き上がり、寸前で元の位置に戻ってしまいました。
やっぱり黒い影の正体は魚だったようです。
サイズは恐らく尺前後だと思われますが、戦闘モードに入った私は武者震いで全身が震えているのが解ります。
気持ちを落ち着かせフライを流れに乗せますが、このイワナ中々手強くフライを見切ります。
フライをアントに変えると1投目に反応しただけで後は無視状態です。
明らかにELKカディスの方が反応が良かったので、再びフライを元に戻します。
これまでに20投以上はキャストしていると思います。
それでも逃げないこのイワナ、馬鹿なのか根性が座っているのか?
そしてフライを戻し3投目で疑いながらもフライを口にしました。
どうやら私の粘り勝ちとなったようです(汗)
釣り上げた魚の口を見ると皮1枚にフッキングしていました。
いやいやかなりの兵でした。
サイズを測るとこれも立派な尺上イワナでした。
撮影後に敬意を払い『お疲れ』とつぶやき流れにそっと戻しました。

31cm

今回は1日に尺5本と大記録に恵まれた釣行でした。
これで県内の釣りも残すところラスト1回です。
今回の釣行のお陰で、ラスト釣行はガツガツせずのんびりと過ごせそうです。
最後は気持ちの良い秋空の下で気持ちよく終わりたいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>小猿さん
前半は駄目かなぁと思ったんですけどね^^;
今年は運に恵まれているようです。

カディスあなどれませんよね~^^

No title

大記録おめでとうございます。
尺5本ですか~!凄い!!
どれも綺麗な岩魚ですね。

カディスからアント、結局カディス、ありますよね~♪

No title

>Naoさん
ありがとうございます^^;
私もこの渓には毎回驚かされます。
魚を見つけるのが早いんですかね~?
仲間にも良く『サングラスにオプションでセンサーつけてねぇ?』と言われます(汗)
そんなオプションが有ったら即効で飛びつくんですけどね^^

No title

やっぱ、鉄人ですね!
尺5本なんぞ、普通ではありませんよ^^ 
浮いている魚を見つける目も、きっとすごいのでしょうね。
私は結構、見のがしていそうですから・・・(汗)
なにはともあれ、おめでとうございます!
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。