スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋の渓にて

JUGEMテーマ:フィッシング

9月4日(金)

今回は片品水系を考えていましたが今年は余りパッとしないのと、天気も怪しいので前回良い思いをした渓へと行ってきました。
空は今にも泣き出しそうな鉛色の雲で覆われ、気温も低く前回のコンディションと似た感じです。

風景

釣り始めてしばらくすると、アベレージサイズの魚が顔を見せますが、前回ほど魚影を確認出来ません。
昼過ぎまで似たようなサイズがポツポツと釣れたのみに終わりました。

アベレージ

昼を過ぎた辺りから遠くでゴロゴロと雷鳴が聞こえ始めました。
まだ雨が降り出す心配も無さそうなので構わず釣り上がります。
そして対岸の岩の下のエグレからまずまずの型のイワナが反応を見せました。
この1匹を釣り上げ撮影と同時に雨が一気に空から落ちてきました。

泣尺

丁度良い具合に雨宿り出来そうな場所が有ったので駆け足で飛び込みました。
雨足はどんどん激しさを増しますが、木々が重なり合ったこの場所は合羽を必要としないほど雨の進入を防いでくれています。
まだ昼飯を食べていなかったので、ここで無事に済ませる事ができました。
しばらくすると雨も上がったので再び釣り上がります。
その後もポツポツと反応は有りましたが、期待の大物は今日は姿を見せてくれません。
そして最終ポイントのプールを除き込むと、ようやくお目当ての大物がクルージングしていました。
見た感じで確実に尺上なのは解りました。
慎重に距離を測りコースを読んでキャストをします。
すると大物が反応する前に別の場所から違う魚が反応してしまいフライを口にしてしまいました。
この魚も決して悪い型では無いのですが、呆気ない終わりに力が抜けてしまいました。

〆の1匹

今回は期待した大物を手中に収める事が出来ませんでした。
しかしこの渓はいつでも大物に出会えるチャンスを秘めています。
禁漁までにサイズUPを出来る事を願い、再びチャレンジしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>Naoさん
私が知っている渓は少ないですよ~^^;
この渓と片品川に行ってなければ、尺は釣れていないですから…。
Naoさんこそホームで絶好調の釣りをしているじゃないですか。
サイズUP頑張りますよ~^^

>小猿さん
そうなんですよ~(涙)
確実に貰ったと思ったんですけどね^^;

県内の釣りは私も残り2回行ければと言った感じです。
例年ですと県内の禁漁後に高原の渓に行くのですが、今年は県内で終了かもしれません。
来月からは渓から湖へとステージが変わりますね。
今年は都合が合えば、野反湖に皆さんで集合してワイワイやりたいですね^^

No title

大物を発見したのに惜しかったですね!
県内はあと何回行くんですか?
私はあと二回行けるかな~?って感じです。

No title

いつでもサイズUP狙いたいところの気持ち、よ~くわかります^^;
でも、ワイ・ウ-さんはいつもいい思いしているような気がしますよ?(笑)
でも、ほんといい渓を知っていますよね~
私も最近ようやく、ここは!って所、に通っていますが、車の走行距離が延びる一方です(汗)
うらやましい~^^
かっこいい、魚の写真のUP期待していますね!。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。