スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワナ釣りの収穫

4月24日(火)
今日は昨日に続き地元河川に出掛けてみました。ゆっくりと起床し自宅を10時頃に出発しました。今日は生憎の天気で肌寒い位です。どうせなら太陽の下で竿を振りたいものですが、自然が相手だけに思い通りにはいきませんね。
目的の渓に着く頃には気温は4℃と更に下がっています。何かあまり気乗りしなくなってきました。更に悪い事が続き入渓点には先行者の車が停まっています。もう今日は釣りをする気持ちが覚めてきてしまいました。それでも折角ここまで来たのだからと別の渓へ行ってみる事にしました。

この渓は地元で有りながらまだ竿を出した事がない渓です。見た感じ渓相は良く釣り易そうな渓です。早速準備をして渓へと足を踏み入れます。道から見下ろした雰囲気より良い渓相がそこには広がっていました。この渓相を前に私のやる気も出てきました。

渓相に反して魚の気配は有りません。まぁ入渓してすぐのポイントは何処の渓も魚影は薄いものです。気にせずどんどん釣り上がります。しかし反応はおろか魚影がまったく有りません。少々不安になり始めた頃ようやくフライに反応が有り、チビイワナが釣れてきました。



しかし本当に渓相は最高で釣り上がるのが気持ち良いです。天気の良い日ならさぞかし最高な気分でしょう。



しばらく釣り上がったところに堰堤が現れました。堰堤の下が良いポイントとなっています。フライを流すと今度はまずまずのイワナがフライに出てくれました。



堰堤の上の流れが気になります。右側の崖から何とか巻けそうですが、ここから先は次回の楽しみに取っておき、今日はここで釣りは終了として、この時期のもう1つの楽しみである山菜採りをする事にしました。
山菜と言っても私の知っているのは『たらっぺ』と『ウド』位ですが、この時期の釣りの合間の私の楽しみです。時には釣りに出掛けたのに釣りをせず、山菜採りで1日終わってしまったなんて事も・・・。
今日も2時間ほど山菜採りに没頭し、たくさんの『たらっぺ』を収穫できました。今晩の晩酌が楽しみです。家族も『たらっぺの天ぷら』が大好きなので、きっと喜んでくれる事でしょう。



実はこの話にはオチが有るんです。家族が喜ぶのを楽しみに帰宅すると、私の父親がビニール袋を片手にぶら下げてやってきました。そして一言『ほれ、たらっぺ食え』[:冷や汗:]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。